Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

15.2. スワップ領域の削除

インスト-ルの後に swap 領域を減らすことが賢明な場合もあります。たとえば、システムの RAM 容量を 1 GB から 512 MB にダウングレードするとします。しかし、依然として 2 GB のスワップ容量が割り当てられています。ディスク領域が大きくなる (2 GB など) と無駄になる可能性があるため、スワップ領域を 1 GB に減らすことでメリットを得られることがあります。
ここでも選択肢が3つあります: swap 用に使用していた LVM2 論理ボリューム全体を削除、swap ファイルの削除、あるいは既存の LVM2 論理ボリューム上の swap 領域の低減。

15.2.1. LVM2 論理ボリュームでのスワップ領域の縮小

以下のようにして LVM2 の swap 論理ボリュームを縮小します (/dev/VolGroup00/LogVol01 が縮小するボリュームであるとします)。

手順15.3 LVM2 の swap 論理ボリュームの削減

  1. 関連付けられている論理ボリュームのスワップ機能を無効にします。
    # swapoff -v /dev/VolGroup00/LogVol01
  2. LVM2 論理ボリュームのサイズを変更して 512 MB 削減します。
    # lvreduce /dev/VolGroup00/LogVol01 -L -512M
  3. 新しいスワップ領域をフォーマットします。
    # mkswap /dev/VolGroup00/LogVol01
  4. 論理ボリュームでスワップをアクティブにします。
    # swapon -v /dev/VolGroup00/LogVol01
  5. スワップ論理ボリュームの縮小に成功したかどうかをテストするには、アクティブなスワップ容量を調べます。
    $ cat /proc/swaps
    $ free -h