25.4. ファイバーチャネル

このセクションでは、ファイバーチャネル API、ネイティブの Red Hat Enterprise Linux 7 ファイバーチャネルドライバー、およびこれらのドライバーのファイバーチャネル機能について説明します。

25.4.1. ファイバーチャネル API

以下は、ユーザースペース API の提供に使用されるファイルを含む /sys/class/ ディレクトリーの一覧です。それぞれの項目で、ホスト番号は H、バス番号は B、ターゲットは T、論理ユニット番号 (LUN) は L、およびリモートポート番号は R で表示されています。

重要

マルチパスソフトウェアを使用されている場合は、このセクションで記載する値のいずれかを変更する前に、ご使用のハードウェアのベンダーにお問い合わせになることをお勧めします。
トランスポート: /sys/class/fc_transport/targetH:B:T/
  • port_id — 24-bit ポート ID/アドレス
  • node_name — 64-bit ノード名
  • port_name — 64-bit ポート名
リモートポート: /sys/class/fc_remote_ports/rport-H:B-R/
  • port_id
  • node_name
  • port_name
  • dev_loss_tmo: scsi デバイスがシステムから削除されるタイミングを制御します。dev_loss_tmo がトリガーされると、scsi デバイスが削除されます。
    multipath.conf では、dev_loss_tmoinfinity に設定できます。これは、値を 2,147,483,647秒または 68 年に設定します。また、これは最大 dev_loss_tmo 値です。
    Red Hat Enterprise Linux 7 では、fast_io_fail_tmo オプションを設定しないと、dev_loss_tmo は 600 秒に制限されます。 Red Hat Enterprise Linux 7 のデフォルトでは、multipathd を実行していると、fast_io_fail_tmo は 5 秒に設定されています。そうでなければ、off に設定されています。
  • fast_io_fail_tmo: 「不良」としてリンクをマークする前に待機する秒数を指定します。リンクが不良としてマークされると、一致するパス上の既存の実行している I/O または新しい I/O がエラーを起こします。
    I/O がブロックされたキューに存在する場合は、dev_loss_tmo の期限が切れ、キューのブロックが解除されるまでエラーを起こしません。
    If fast_io_fail_tmooff 以外の値に設定されていると、dev_loss_tmo は制限されません。fast_io_fail_tmooff に設定されると、デバイスがシステムから削除されるまで I/O はエラーを起こしません。fast_io_fail_tmo が数値に設定されていると、fast_io_fail_tmo タイムアウトがトリガーするとすぐにエラーを起こします。
ホスト: /sys/class/fc_host/hostH/
  • port_id
  • issue_lip: リモートポートを再度検出するようにドライバーに命令します。

25.4.2. ネイティブファイバーチャネルのドライバーと機能

Red Hat Enterprise Linux 7 には、以下のネイティブファイバーチャネルドライバーが同梱されます。
  • lpfc
  • qla2xxx
  • zfcp
  • bfa

重要

qla2xxx ドライバーは、デフォルトでイニシエーターモードで実行します。Linux-IO で qla2xxx を使用するには、対応する qlini_mode モジュールパラメーターでファイバーチャネルのターゲットモードを有効にします。
最初に、qla デバイス用のファームウェアパッケージ (ql2200-firmware など) がインストールされていることを確認します。
ターゲットモードを有効にするには、/usr/lib/modprobe.d/qla2xxx.conf qla2xxx モジュール設定ファイルに以下のパラメーターを追加します。
options qla2xxx qlini_mode=disabled
次に、dracut -f コマンドを実行して初期 ramdisk (initrd) を再構築し、システムを再起動して変更を有効にします。
表25.1「ファイバーチャネル API の機能」 では、Red Hat Enterprise Linux 7 の各ネイティブドライバーにおけるファイバーチャネル API 機能を説明しています。「X」は、該当する機能のサポートがあることを示します。

表25.1 ファイバーチャネル API の機能

lpfcqla2xxxzfcpbfa
トランスポート port_idXXXX
トランスポート node_nameXXXX
トランスポート port_nameXXXX
リモートポート dev_loss_tmoXXXX
リモートポート fast_io_fail_tmoXX [a]X [b]X
ホスト port_idXXXX
ホスト issue_lipXX X
[a] Red Hat Enterprise Linux 5.4 以降でサポート
[b] Red Hat Enterprise Linux 6.0 以降でサポート