Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

28.2. ブロックデバイスとして使用する永続メモリーの設定 (レガシーモード)

永続メモリーを高速ブロックデバイスとして使用するには、名前空間をセクターモードに設定します。
# ndctl create-namespace --force --reconfig=namespace1.0 --mode=sector
{
  "dev":"namespace1.0",
  "mode":"sector",
  "size":17162027008,
  "uuid":"029caa76-7be3-4439-8890-9c2e374bcc76",
  "sector_size":4096,
  "blockdev":"pmem1s"
}
この例では、namespace1.0 がセクターモードに再設定されます。ブロックデバイスの名前が pmem1 から pmem1s に変更されたことに注意してください。このデバイスは、システム上の他のブロックデバイスと同じように使用できます。たとえば、デバイスのパーティションを設定したり、デバイスにファイルシステムを作成したり、デバイスをソフトウェア RAID セットの一部として設定したり、デバイスをdm-cacheのキャッシュデバイスにしたりできます。