28.2. ブロックデバイスとして使用するために永続メモリーを設定する (レガシーモード)

高速ブロックデバイスとして永続メモリーを使用するには、名前空間をセクターモードに設定します。
# ndctl create-namespace --force --reconfig=namespace1.0 --mode=sector
{
  "dev":"namespace1.0",
  "mode":"sector",
  "size":17162027008,
  "uuid":"029caa76-7be3-4439-8890-9c2e374bcc76",
  "sector_size":4096,
  "blockdev":"pmem1s"
}
たとえば、namespace1.0 は、セクターモードに設定されています。ブロックデバイスの名前が pmem1 から pmem1s に変更されていることに注意してください。このデバイスは、システム上のその単おブロックデバイスと同じ方法で使用できます。たとえば、デバイスはパーティション設定することが可能です。また、デバイス上にファイルシステムを作成できます。デバイスは、dm-cache のキャッシュデバイスとすることができます。