Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

18.4. Anaconda インストーラーでの RAID のサポート

Anaconda インストーラーは、システムのハードウェアおよびファームウェアの RAID セットを自動的に検出して、インストールに使用できるようにします。また、Anacondamdraid を使用してソフトウェア RAID に対応しているため、既存の mdraid セットを認識することができます。
Anaconda ではインストール時に RAID セットを作成するユーティリティーを提供しています。ただし、このユーティリティーでは新しいセットのメンバーにできるのはパーティションのみになります (ディスク全体とは対照的)。セットにディスク全体を使用するには、ディスク全体にまたがる 1 つのパーティションを作成し、そのパーティションを RAID セットのメンバーとして使用します。
root ファイルシステムが RAID セットを使用すると、Anaconda は特殊なカーネルコマンドラインオプションをブートローダー設定に追加し、root ファイルシステムを検索する前に、どの RAID セットをアクティブにするかを initrd に指示します。
インストール時の RAID の設定方法は、Red Hat Enterprise Linux 7 Installation Guide を参照してください。