第1章 概要

ストレージ管理ガイド』 では、Red Hat Enterprise Linux 7 で対応しているファイルシステムやデータストレージの機能を詳細に解説しています。本ガイドは管理者が単一のノード (クラスター化していない状態) でストレージソリューションを管理する場合に簡単に参照できるように構成されています。
ストレージ管理ガイドは、「ファイルシステム」、「ストレージ管理」、「VDO によるデータの重複排除と圧縮」というセクションに分割されています。
「ファイルシステム」では、Red Hat Enterprise Linux 7 がサポートするさまざまなファイルシステムについて説明します。まず、ファイルシステムの最適な使用方法について説明していきます。
「ストレージ管理」では、Red Hat Enterprise Linux 7 が対応している様々なツールやストレージ管理タスクについて説明します。対応ツールやストレージ管理タスクについて説明し、これらの最適な使用方法について説明します。
「VDO によるデータの重複排除と圧縮」では、仮想データオプティマイザー (VDO) について説明しています。ここでは、ストレージ要件を低減させるために VDO を使用する方法を説明しています。

1.1. Red Hat Enterprise Linux 7 の新機能と拡張

Red Hat Enterprise Linux 7 は、以下のファイルシステムの拡張機能を特長としています。

eCryptfs は含まれない

Red Hat Enterprise Linux 7 には eCryptfs は含まれません。ファイルの暗号化の詳細は、Red Hat のセキュリティガイドを参照してください。

System Storage Manager

Red Hat Enterprise Linux 7 には、System Storage Manager という新規アプリケーションが含まれます。これは、複数のストレージテクノロジーを管理するコマンドラインインターフェースを提供します。詳細は、16章System Storage Manager (SSM)を参照してください。

デフォルトファイルシステムとしての XFS

Red Hat Enterprise Linux 7 では、XFS はデフォルトのファイルシステムです。XFS ファイルシステムの詳細は、3章XFS ファイルシステムを参照してください。

ファイルシステムの再編成

Red Hat Enterprise Linux 7 は、新たなファイルシステム構造を導入しています。ディレクトリーの /bin/sbin/lib、および /lib64/usr の下にネスト化されます。

Snapper

Red Hat Enterprise Linux 7 では、Snapper と呼ばれる新規ツールを導入し、LVM および Btrfs のスナップショットを簡単に作成し、管理できるようになりました。詳細は、14章Snapper を用いたスナップショットの作成および維持を参照してください。

Btrfs (テクノロジープレビュー)

注記

Red Hat Enterprise Linux 7 では、Btrfs をテクノロジープレビュー機能として利用できますが、Red Hat Enterprise Linux 7.4 リリース以降に廃止されました。これは、Red Hat Enterprise Linux の今後のメジャーリリースで削除されます。
詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7.4 リリースノートの 「Deprecated Functionality」 を参照してください。
Btrfs は、統合された LVM 操作を含む、より良いパフォーマンスと拡張性を提供することを目的としたローカルのファイルシステムです。このファイルシステムは、Red Hat では完全にサポートされていないため、テクノロジープレビューになっています。Btrfs の詳細は、6章Btrfs (テクノロジープレビュー) を参照してください。

NFSv2 はサポート対象外

Red Hat Enterprise Linux 7 では、NFSv2 はサポート対象外になりました。