Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第1章 概要

『ストレージ管理ガイド』』 には、Red Hat Enterprise Linux 7 でサポートされるファイルシステムおよびデータストレージ機能に関する広範な情報が含まれています。本書は、単一ノード (非クラスター化) ストレージソリューションを管理する管理者向けのクイックリファレンスになります。
『ストレージ管理ガイド』は、「ファイルシステム」、「ストレージ管理」、および「VDO を使用したデータの重複排除と圧縮」の 3 つに分かれています。
「ファイルシステム」のセクションでは、Red Hat Enterprise Linux 7 がサポートするさまざまなファイルシステムについて詳しく説明します。ファイルシステムについての説明のほか、それらを最大限に活用する方法についても説明します。
ストレージ管理の部分では、Red Hat Enterprise Linux 7 がサポートするさまざまなツールとストレージ管理タスクについて詳しく説明します。ファイルシステムについての説明のほか、それらを最大限に活用する方法についても説明します。
「VDO を使用したデータの重複排除と圧縮」のセクションでは、VDO (Virtual Data Optimizer) について説明しています。VDO を使用して、ストレージ要件を減らす方法を説明します。

1.1. Red Hat Enterprise Linux 7 の新機能および改良された機能

Red Hat Enterprise Linux 7 におけるファイルシステムの機能拡張の特徴は、以下のとおりです。

eCryptfs は含まれていません。

Red Hat Enterprise Linux 7 の時点では、eCryptfs は含まれていません。ファイルシステムの暗号化の詳細については、Red Hat の『セキュリティーガイド』を参照してください。

System Storage Manager

Red Hat Enterprise Linux 7 には、コマンドラインインターフェースを提供してさまざまなストレージ技術を管理する System Storage Manager と呼ばれる新しいアプリケーションが含まれています。詳細は、16章System Storage Manager(SSM) を参照してください。

XFS はデフォルトのファイルシステムです。

Red Hat Enterprise Linux 7 以降、XFS がデフォルトのファイルシステムになります。XFS ファイルシステムの詳細は、3章XFS ファイルシステム を参照してください。

ファイルシステムの再構築

Red Hat Enterprise Linux 7 では、新しいファイルシステム構造が導入されています。/bin/sbin/lib、および /lib64 のディレクトリーは、/usr の下にネスト化されるようになりました。

Snapper

Red Hat Enterprise Linux 7 では、Snapper と呼ばれる新しいツールが導入されています。これにより、LVM および Btrfs のスナップショットの作成と管理が容易になります。詳細は、14章Snapper を使用したスナップショットの作成と保守 を参照してください。

Btrfs (テクノロジープレビュー)

注記
Btrfs は、Red Hat Enterprise Linux 7 ではテクノロジープレビューとして利用できますが、Red Hat Enterprise Linux 7.4 リリース以降では非推奨になりました。Red Hat Enterprise Linux の将来のメジャーリリースで削除される予定です。
詳細は、『Red Hat Enterprise Linux 7.4 リリースノート』の「非推奨の機能」を参照してください。
Btrfs は、統合 LVM 操作を含む、より優れたパフォーマンスとスケーラビリティーの提供を目指すローカルファイルシステムです。このファイルシステムは、Red Hat では完全にサポートされていないため、テクノロジープレビューとなります。Btrfs の詳細は、6章Btrfs (テクノロジープレビュー) を参照してください。

NFSv2 はサポートされなくなりました

Red Hat Enterprise Linux 7 以降、NFSv2 はサポートされなくなりました。