13.4. パーティションタイプの設定

パーティションタイプ (ファイルシステムタイプとは異なる) は、実行中のシステムではほとんど使用されません。ただし、パーティションタイプは、systemd-gpt-auto-generator など、デバイスを自動的に識別してマウントするためにパーティションタイプを使用するオンザフライジェネレーターにとって重要です。
fdisk ユーティリティを起動し、t を実行することで、パーティションタイプを設定できます。以下の例では、最初のパーティションのタイプを Linux ではデフォルトである 0x83 に変更する方法を示しています。
# fdisk /dev/sdc
Command (m for help): t
Selected partition 1
Partition type (type L to list all types): 83
Changed type of partition 'Linux LVM' to 'Linux'.
parted ユーティリティでは、パーティションタイプの、「フラグ」へのマッピングを試行することでパーティションタイプの一部を制御できます。これは、エンドユーザーには不便です。parted ユーティリティは、LVM または RAID など特定のパーティションタイプのみを処理できます。parted で最初のパーティションの lvm フラグを削除するには、以下を使用します。
# parted /dev/sdc 'set 1 lvm off'
一般的に使用されるパーティションタイプや、パーティションタイプを示すための 16 進数の一覧は、『Red Hat Enterprise Linux 7 インストールガイド』の 「パーティション: 1 つのドライブの分割」を参照してください。