Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

14.3. スナップショット間での変更の追跡

statusdiff、および xadiffコマンドを使用して、スナップショット間でサブボリュームに加えられた変更を追跡します。
status
statusコマンドは、2 つのスナップショット間で作成、変更、または削除されたファイルとディレクトリーのリストを表示します。これは、2 つのスナップショット間の変更の包括的なリストです。このコマンドを使用すると、詳細を必要以上に表示することなく、変更の概要を取得できます。
詳細は、status コマンドでの変更の比較」 を参照してください。
diff
diff コマンドは、少なくとも 1 つの変更が検出された場合に、statusコマンドから受信した 2 つのスナップショット間の変更されたファイルとディレクトリーの差分を表示します。
詳細は、diff コマンドでの変更の比較」 を参照してください。
xadiff
xadiff コマンドは、ファイルまたはディレクトリーの拡張属性が 2 つのスナップショット間でどのように変更されたかを比較します。
詳細は、xadiff コマンドでの変更の比較」 を参照してください。

14.3.1. status コマンドでの変更の比較

status コマンドは、2 つのスナップショット間で作成、変更、または削除されたファイルとディレクトリーのリストを表示します。
2 つのスナップショット間のファイルのステータスを表示するには、以下を使用します。
# snapper -c config_file status first_snapshot_number..second_snapshot_number
必要に応じて、listコマンドを使用してスナップショット番号を判別します。
たとえば、次のコマンドは、設定ファイルのlvm_configを使用して、スナップショット 1 と 2 の間に加えた変更を表示します。
#snapper -c lvm_config status 1..2
tp.... /lvm_mount/dir1
-..... /lvm_mount/dir1/file_a
c.ug.. /lvm_mount/file2
+..... /lvm_mount/file3
....x. /lvm_mount/file4
cp..xa /lvm_mount/file5
出力の最初の部分にある文字とドットを列として読み取ります。
+..... /lvm_mount/file3
||||||
123456
列 1 は、ファイル (ディレクトリーエントリー) タイプの変更を示しています。以下の値が使用できます。
コラム 1
出力意味
.何も変更されていません。
+ファイルが作成されました。
-ファイルが削除されました。
cコンテンツが変更されました。
tディレクトリーエントリーのタイプが変更されました。(例: 以前のシンボリックリンクが同じファイル名の通常のファイルに変更されるなど。)
列 2 は、ファイルの権限に変更があったことを示しています。以下の値が使用できます。
コラム 2
出力意味
.パーミッションは変更されませんでした。
pパーミッションが変更されました。
列 3 は、ユーザーの所有権が変更したことを示しています。以下の値が使用できます。
コラム 3
出力意味
.ユーザーの所有権は変更されていません。
uユーザーの所有権が変更されました。
列 4 は、グループの所有権が変更したことを示しています。以下の値が使用できます。
列 4
出力意味
.グループの所有権は変更されていません。
gグループの所有権が変更されました。
列 5 は、拡張属性の変更を示しています。以下の値が使用できます。
列 5
出力意味
.拡張属性は変更されていません。
x拡張属性が変更されました。
列 6 は、アクセス制御リスト (ACL) の変更を示しています。以下の値が使用できます。
列 6
出力意味
.ACL は変更されていません。
aACL が変更されました。