Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.5. 論理ボリュームマネージャー

LVM は、カーネルの DM デバイスの管理に使用するユーザースペースツールを提供します。LVM は、データ領域(指定の DM デバイスが使用する)から、LVM が管理するデバイスに関連付けられたゼロではない alignment_offset を考慮します。これは、論理ボリュームが適切に調整されることを意味します(alignment_offset=0)
デフォルトでは、LVM は alignment_offset に対して調整されますが、/etc/lvm/lvm.confdata_alignment_offset_detection0 に設定して、この動作を無効にできます。無効にすることは推奨されません。
LVM は、デバイスの I/O ヒントも検出します。デバイスのデータ領域は、sysfs で公開される minimum_io_size または optimal_io_size の倍数になります。 optimal_io_size が定義されていない場合は、LVM が minimum_io_size を使用します(例: 0)
デフォルトでは、LVM は自動的にこの I/O ヒントを判断しますが、/etc/lvm/lvm.confdata_alignment_detection0 に設定すると、この動作を無効にできます。無効にすることは推奨されません。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。