18.6. RAID セットの設定

一般的には、ほとんどの RAID セットがその作成時にファームウェアメニューやインストーラーを使って設定されます。システムのインストール後、 できればマシンを再起動したりファームウェアメニューに入らずに RAID セットの作成や変更を行う必要が生じることがあります。
RAID セットを簡単に設定したり、ディスクの追加後でも新たなセットを定義したりすることができるハードウェア RAID コントローラーがあります。 これらのコントローラーには標準の API がないためドライバー固有のユーティリティーを使用する必要があります。詳細は、ご使用のハードウェア RAID コントローラーの説明書などを参照してください。

mdadm

Linux では mdadm コマンドラインツールを使ってソフトウェア RAID の管理を行います (mdraid)。 mdadm の各種のモードおよびオプションについては man mdadm を参照してください。man にはソフトウェア RAID アレイの作成や監視、組み立てなど一般的な作業についても役に立つ事例が記載されています。

dmraid

その名の通り dmraid はデバイスマッパー RAID セットの管理に使用されます。 dmraid ツールは各種の形式に対応している複数のメタデータ形式のハンドラを使用して ATARAID デバイスの検索を行います。対応している形式の一覧を表示させるには、dmraid -l を実行します。
「Linux RAID サブシステム」 で説明している通り、RAID セットをいったん作成するとその後は dmraid ツールによる設定を行うことはできません。dmraid の使い方については man dmraid を参照してください。