第7章 Global File System 2

Red Hat Global File System 2 (GFS2) はネイティブのファイルシステムで、直接 Linux カーネルファイルシステムのインターフェースと相互作用します (VFS 層)。クラスターファイルシステムとして実装すると、GFS2 は配信メタデータと複数のジャーナルを採用します。
GFS2 は 64 ビットのアーキテクチャーをベースとし、理論的には 8 エクサバイトのファイルシステムを収容することができます。ただし、現在対応している GFS2 ファイルシステムの最大サイズは 100 テラバイトです。システムで 100 テラバイトを超える GFS2 ファイルシステムが必要な場合には Red Hat サービス担当者にご連絡ください。
ファイルシステムのサイズを確定する際は復元時のニーズを考慮してください。非常に大きなファイルシステムでの fsck コマンドの実行は時間がかかり、メモリーを大量に消費することになります。また、ディスクやディスクのサブシステムで障害が発生すると、その復元時間は使用するバックアップメディアの速度によって制限されます。
Red Hat Cluster Suite で設定する場合、Red Hat GFS2 のノードは Red Hat Cluster Suite の設定および管理ツールで設定し、管理することができます。Red Hat GFS2 により、Red Hat クラスター内の GFS2 ノード群でデータを共有でき、このノード群全体で整合性のあるファイルシステム名前空間の単一ビューが提供されます。これにより、異なる複数のノード上の複数プロセスが GFS2 のファイル群を共有できるようになり、その共有方法は同じノード上の複数のプロセスが 1 つのローカルファイルシステム上のファイル群を共有する場合と同様で、両者にはっきり識別できる違いはありません。Red Hat Cluster Suite の詳細については、『Cluster Administration』 ガイドを参照してください。
GFS2 はリニアボリュームまたはミラーボリュームとなる論理ボリューム (LVM で作成) 上に作成してください。Red Hat Cluster Suite の LVM で作成した論理ボリュームは CLVM (クラスター全体での LVM の実装) で管理し、CLVM デーモンの clvmd で有効にして Red Hat Cluster Suite のクラスター内で実行します。このデーモンにより、LVM2 を使用してクラスター全体で複数の論理ボリュームを管理できるようになり、クラスター内のすべてのノードが論理ボリュームを共有できるようになります。論理ボリュームマネージャーについては、『論理ボリュームマネージャの管理』 ガイドを参照してください。
gfs2.ko カーネルモジュールでは GFS2 ファイルシステムを実装しているため、GFS2 クラスターノード群にロードされます。
クラスター化したストレージでの GFS2 ファイルシステムの作成と設定、およびクラスター化していないストレージでの GFS2 ファイルシステムの作成と設定についての詳細については Red Hat の 『Global File System 2』 ガイドを参照してください。