Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

25.20. SCSI コマンドタイマーおよびデバイスステータスの制御

Linux SCSI レイヤーは、各コマンドにタイマーを設定します。このタイマーが時間切れになると、SCSI レイヤーはホストバスアダプター (HBA) を静止し、すべての未処理のコマンドがタイムアウトまたは完了するのを待ちます。その後、SCSI レイヤーはドライバーのエラーハンドラーをアクティブにします。
エラーハンドラーがトリガーされると、(1 つが正常に実行されるまで) 以下の操作が順番に試行されます。
  1. コマンドの中止
  2. デバイスのリセット
  3. バスのリセット
  4. ホストをリセットします。
すべての操作が失敗すると、デバイスは offline 状態に設定されます。これが発生すると、問題が修正され、ユーザーがデバイスを running に設定するまで、そのデバイスへのすべての I/O が失敗します。
ただし、デバイスがファイバーチャネルプロトコルを使用し、rportがブロックされている場合は、プロセスが異なります。このような場合、ドライバーは、rport が再びオンラインになるまで数秒待機してからエラーハンドラーを有効にします。これにより、一時的なトランスポートの問題によりデバイスがオフラインにならないようにします。

デバイスの状態

デバイスの状態を表示するには、次のコマンドを実行します。
$ cat /sys/block/device-name/device/state
デバイスを running 状態に設定するには、以下を使用します。
# echo running > /sys/block/device-name/device/state

コマンドタイマー

コマンドタイマーを制御するには、/sys/block/device-name/device/timeout ファイルを変更します。
# echo value > /sys/block/device-name/device/timeout
コマンドの value を、実装するタイムアウト値 (秒) に置き換えます。