Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.6. ext4 ファイルシステムのその他のユーティリティー

Red Hat Enterprise Linux 7 には、他にも ext4 ファイルシステム管理ユーティリティーがあります。
e2fsck
ext4 ファイルシステムの修復時に使用します。ext4 でディスク構造が変更されたため、ext3 ファイルシステムよりも効率的なチェックと修復が行えるようになりました。
e2label
ext4 ファイルシステムのラベル変更を行います。このツールは ext2 および ext3 のファイルシステムでも動作します。
quota
ext4 ファイルシステムで、ユーザーおよびグループごとのディスク領域 (ブロック) やファイル (inode) の使用量を制御し、それを報告します。quota の詳細は man quota および 「ディスククォータの設定」 をご覧ください。
fsfreeze
ファイルシステムへのアクセスを中断する際、フリーズにはコマンド # fsfreeze -f mount-point を使用し、フリーズ解除には # fsfreeze -u mount-point を使用します。これにより、ファイルシステムへのアクセスが停止し、安定したイメージがディスクに作成されます。

注記

device-mapper ドライブに fsfreeze を使用する必要はありません。
詳細は、man ページの fsfreeze(8) を参照してください。
「ext4 ファイルシステムのマウント」 で説明している通り、tune2fs ユーティリティーでは ext2、ext3 および ext4 の各ファイルシステムの設定可能なファイルシステムパラメーターを調整することもできます。また、ext4 ファイルシステムのデバッグや分析を行う際には次のツールが役に立ちます。
debugfs
ext2、ext3、ext4 の各ファイルシステムのデバッグを行います。
e2image
ext2、ext3、ext4 の重要なファイルシステムメタデータを、任意のファイルに保存します。
上記のユーティリティーの詳細は、各 man ページをご覧ください。