Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

5.6. その他の ext4 ファイルシステムユーティリティー

Red Hat Enterprise Linux 7 は、ext4 ファイルシステムを管理するその他のユーティリティーも特長としています。
e2fsck
ext4 ファイルシステムの修復に使用します。このツールは、ext4 ディスク構造の更新により、ext3 よりも ext4 ファイルシステムをより効率的に確認および修復します。
e2label
ext4 ファイルシステムのラベルを変更します。このツールは、ext2 ファイルシステムおよび ext3 ファイルシステムでも機能します。
quota
ext4 ファイルシステムのユーザーおよびグループによるディスク領域(ブロック)およびファイル(inode)の使用に対する制御とレポート。quota の使用に関する詳細は、man quota および 「ディスククォータの設定」 を参照してください。
fsfreeze
ファイルシステムへのアクセスを一時停止するには、コマンド # fsfreeze -f mount-point を使用してフリーズし、# fsfreeze -u mount-point to unfreeze に設定します。これにより、ファイルシステムへのアクセスが停止され、ディスクに安定したイメージを作成します。
注記
device-mapper ドライブに fsfreeze を使用する必要はありません。
詳細は、fsfreeze(8) man ページを参照してください。
「ext4 ファイルシステムのマウント」 にあるように、tune2fs ユーティリティーは、ext2、ext3、および ext4 ファイルシステムの設定可能なファイルシステムパラメーターも調整できます。さらに、以下のツールは、ext4 ファイルシステムのデバッグおよび分析にも役立ちます。
debugfs
ext2、ext3、または ext4 のファイルシステムをデバッグします。
e2image
重要な ext2、ext3、または ext4 ファイルシステムのメタデータをファイルに保存します。
これらのユーティリティーの詳細は、それぞれの man ページを参照してください。