Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

16.2. 一般的な SSM タスク

以下のセクションでは、共通の SSM タスクについて説明します。

16.2.1. SSM のインストール

SSM をインストールするには、次のコマンドを使用します。
# yum install system-storage-manager
サポートするパッケージがインストールされている場合に限り、複数のバックエンドが有効になります。
  • LVM バックエンドには lvm2 パッケージが必要です。
  • Btrfs バックエンドには btrfs-progs パッケージが必要です。
  • Crypt バックエンドには、device-mapper および cryptsetup パッケージが必要です。

16.2.2. 検出されたすべてのデバイスに関する情報の表示

list コマンドを使用して、検出されたすべてのデバイス、プール、ボリューム、およびスナップショットに関する情報を表示します。オプションのない Thessm list コマンドは、以下の出力を表示します。
# ssm list
----------------------------------------------------------
Device        Free      Used      Total  Pool  Mount point
----------------------------------------------------------
/dev/sda                        2.00 GB        PARTITIONED
/dev/sda1                      47.83 MB        /test
/dev/vda                       15.00 GB        PARTITIONED
/dev/vda1                     500.00 MB        /boot
/dev/vda2  0.00 KB  14.51 GB   14.51 GB  rhel
----------------------------------------------------------
------------------------------------------------
Pool  Type  Devices     Free      Used     Total
------------------------------------------------
rhel  lvm   1        0.00 KB  14.51 GB  14.51 GB
------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------------------
Volume          Pool  Volume size  FS     FS size       Free  Type    Mount point
---------------------------------------------------------------------------------
/dev/rhel/root  rhel     13.53 GB  xfs   13.52 GB    9.64 GB  linear  /
/dev/rhel/swap  rhel   1000.00 MB                             linear
/dev/sda1                47.83 MB  xfs   44.50 MB   44.41 MB  part    /test
/dev/vda1               500.00 MB  xfs  496.67 MB  403.56 MB  part    /boot
---------------------------------------------------------------------------------
この表示は、引数を使用して表示する内容を指定することでさらに絞り込むことができます。利用可能なオプションの一覧は、ssm list --help コマンドで確認できます。
注記
指定された引数によっては、SSM に何も表示されないことがあります。
  • devices または dev 引数を実行すると、デバイスの一部が省略されます。たとえば、CDRoms デバイスおよび DM/MD デバイスは、ボリュームとして一覧表示されていると意図的に非表示になります。
  • 一部のバックエンドはスナップショットをサポートしないため、スナップショットと通常のボリュームを区別できません。これらのバックエンドのいずれかでスナップショット引数を実行すると、スナップショットの特定に SSM がボリューム名を認識しようとします。SSM 正規表現がスナップショットパターンに一致しない場合、スナップショットは認識されません。
  • 主要な Btrfs ボリューム(ファイルシステム自体)を除くと、マウント解除された Btrfs ボリュームは表示されません。

16.2.3. 新規プール、論理ボリューム、およびファイルシステムの作成

このセクションでは、デバイス /dev/vdb および /dev/kieBaseConf、論理ボリューム(1G、および XFS ファイルシステム)を含むデフォルト名で新規プールが作成されます。
このシナリオを作成するコマンドは、ssm create --fs xfs -s 1G /dev/vdb /dev/kieBaseConf です。以下のオプションを使用しています。
  • --fs オプションは、必要なファイルシステムタイプを指定します。現在対応しているファイルシステムのタイプは次のとおりです。
    • ext3
    • ext4
    • xfs
    • btrfs
  • -s は、論理ボリュームのサイズを指定します。ユニットの定義には、以下のサフィックスがサポートされます。
    • k または k (キロバイトの場合)
    • メガバイトの場合は m または m
    • ギガバイトの場合は g または g
    • テラバイトの場合は T または t
    • ペタバイトの場合は p または p
    • エクサバイトの場合は e または e
  • 一覧表示される 2 つのデバイス /dev/vdb/dev/vdc は、作成する 2 つのデバイスです。
# ssm create --fs xfs -s 1G /dev/vdb /dev/vdc
  Physical volume "/dev/vdb" successfully created
  Physical volume "/dev/vdc" successfully created
  Volume group "lvm_pool" successfully created
  Logical volume "lvol001" created
ssm コマンドに便利なオプションは 2 つあります。1 つ目は、-p pool コマンドです。ボリュームの作成に使用するプールを指定します。これが存在しない場合は、SSM が作成されます。これは、指定の例では省略されるため、SSM はデフォルトの lvm_pool を使用できます。ただし、既存の命名規則に収まるように特定の名前を使用する場合は、-p オプションを使用する必要があります。
2 つ目の便利なオプションは、-n name コマンドです。これにより、新規作成された論理ボリュームに名前を付けます。-p と同様に、既存の命名規則に適合するために、特定の名前を使用する必要があります。
使用される 2 つのオプションの例を以下に示します。
# ssm create --fs xfs -p new_pool -n XFS_Volume /dev/vdd
  Volume group "new_pool" successfully created
  Logical volume "XFS_Volume" created
SSM は、1 つのコマンドのみを持つ物理ボリューム、プール、および論理ボリュームを 2 つ作成しました。

16.2.4. ファイルシステムの整合性の確認

Thessm check コマンドは、ボリューム上のファイルシステムの整合性を確認します。チェックするボリュームを複数指定することができます。ボリュームにファイルシステムがない場合は、そのボリュームはスキップされます。
ボリューム lvol001 内のすべてのデバイスを確認するには、/dev/lvm_pool/lvol001 コマンドを実行します。
# ssm check /dev/lvm_pool/lvol001
Checking xfs file system on '/dev/mapper/lvm_pool-lvol001'.
Phase 1 - find and verify superblock...
Phase 2 - using internal log
        - scan filesystem freespace and inode maps...
        - found root inode chunk
Phase 3 - for each AG...
        - scan (but don't clear) agi unlinked lists...
        - process known inodes and perform inode discovery...
        - agno = 0
        - agno = 1
        - agno = 2
        - agno = 3
        - agno = 4
        - agno = 5
        - agno = 6
        - process newly discovered inodes...
Phase 4 - check for duplicate blocks...
        - setting up duplicate extent list...
        - check for inodes claiming duplicate blocks...
        - agno = 0
        - agno = 1
        - agno = 2
        - agno = 3
        - agno = 4
        - agno = 5
        - agno = 6
No modify flag set, skipping phase 5
Phase 6 - check inode connectivity...
        - traversing filesystem ...
        - traversal finished ...
        - moving disconnected inodes to lost+found ...
Phase 7 - verify link counts...
No modify flag set, skipping filesystem flush and exiting.

16.2.5. ボリュームのサイズの増加

ssm resize コマンドは、指定したボリュームおよびファイルシステムのサイズを変更します。ファイルシステムが存在しない場合は、ボリューム自体のみがリサイズされます。
この例では、現在 /dev/vdb に 900MB と呼ばれる論理ボリュームが lvol001 にあります
# ssm list
-----------------------------------------------------------------
Device          Free       Used      Total  Pool      Mount point
-----------------------------------------------------------------
/dev/vda                          15.00 GB            PARTITIONED
/dev/vda1                        500.00 MB            /boot
/dev/vda2    0.00 KB   14.51 GB   14.51 GB  rhel
/dev/vdb   120.00 MB  900.00 MB    1.00 GB  lvm_pool
/dev/vdc                           1.00 GB
-----------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------
Pool      Type  Devices       Free       Used       Total
---------------------------------------------------------
lvm_pool  lvm   1        120.00 MB  900.00 MB  1020.00 MB
rhel      lvm   1          0.00 KB   14.51 GB    14.51 GB
---------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------------------------------
Volume                 Pool      Volume size  FS     FS size       Free  Type    Mount point
--------------------------------------------------------------------------------------------
/dev/rhel/root         rhel         13.53 GB  xfs   13.52 GB    9.64 GB  linear  /
/dev/rhel/swap         rhel       1000.00 MB                             linear
/dev/lvm_pool/lvol001  lvm_pool    900.00 MB  xfs  896.67 MB  896.54 MB  linear
/dev/vda1                          500.00 MB  xfs  496.67 MB  403.56 MB  part    /boot
--------------------------------------------------------------------------------------------
論理ボリュームは、別の 500MB を増やす必要があります。そのためには、プールに追加デバイスを追加する必要があります。
~]# ssm resize -s +500M /dev/lvm_pool/lvol001 /dev/vdc
  Physical volume "/dev/vdc" successfully created
  Volume group "lvm_pool" successfully extended
Phase 1 - find and verify superblock...
Phase 2 - using internal log
        - scan filesystem freespace and inode maps...
        - found root inode chunk
Phase 3 - for each AG...
        - scan (but don't clear) agi unlinked lists...
        - process known inodes and perform inode discovery...
        - agno = 0
        - agno = 1
        - agno = 2
        - agno = 3
        - process newly discovered inodes...
Phase 4 - check for duplicate blocks...
        - setting up duplicate extent list...
        - check for inodes claiming duplicate blocks...
        - agno = 0
        - agno = 1
        - agno = 2
        - agno = 3
No modify flag set, skipping phase 5
Phase 6 - check inode connectivity...
        - traversing filesystem ...
        - traversal finished ...
        - moving disconnected inodes to lost+found ...
Phase 7 - verify link counts...
No modify flag set, skipping filesystem flush and exiting.
  Extending logical volume lvol001 to 1.37 GiB
  Logical volume lvol001 successfully resized
meta-data=/dev/mapper/lvm_pool-lvol001 isize=256    agcount=4, agsize=57600 blks
         =                       sectsz=512   attr=2, projid32bit=1
         =                       crc=0
data     =                       bsize=4096   blocks=230400, imaxpct=25
         =                       sunit=0      swidth=0 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0 ftype=0
log      =internal               bsize=4096   blocks=853, version=2
         =                       sectsz=512   sunit=0 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0
data blocks changed from 230400 to 358400

SSM は、デバイスでチェックを実行してから、指定した量でボリュームを拡張します。これは、ssm list コマンドで検証できます。
# ssm list
------------------------------------------------------------------
Device          Free        Used      Total  Pool      Mount point
------------------------------------------------------------------
/dev/vda                           15.00 GB            PARTITIONED
/dev/vda1                         500.00 MB            /boot
/dev/vda2    0.00 KB    14.51 GB   14.51 GB  rhel
/dev/vdb     0.00 KB  1020.00 MB    1.00 GB  lvm_pool
/dev/vdc   640.00 MB   380.00 MB    1.00 GB  lvm_pool
------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------
Pool      Type  Devices       Free      Used     Total
------------------------------------------------------
lvm_pool  lvm   2        640.00 MB   1.37 GB   1.99 GB
rhel      lvm   1          0.00 KB  14.51 GB  14.51 GB
------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------------
Volume                 Pool      Volume size  FS      FS size        Free  Type    Mount point
----------------------------------------------------------------------------------------------
/dev/rhel/root         rhel         13.53 GB  xfs    13.52 GB     9.64 GB  linear  /
/dev/rhel/swap         rhel       1000.00 MB                               linear
/dev/lvm_pool/lvol001  lvm_pool      1.37 GB  xfs     1.36 GB     1.36 GB  linear
/dev/vda1                          500.00 MB  xfs   496.67 MB   403.56 MB  part    /boot
----------------------------------------------------------------------------------------------
注記
LVM ボリュームのサイズを小さくすることはできません。他のボリューム種別ではサポートされません。これは、+ ではなく - を使用して行います。たとえば、LVM ボリュームのサイズを 50 M で縮小するには、コマンドは以下のようになります。
# ssm resize -s-50M /dev/lvm_pool/lvol002
  Rounding size to boundary between physical extents: 972.00 MiB
  WARNING: Reducing active logical volume to 972.00 MiB
  THIS MAY DESTROY YOUR DATA (filesystem etc.)
Do you really want to reduce lvol002? [y/n]: y
  Reducing logical volume lvol002 to 972.00 MiB
  Logical volume lvol002 successfully resized
+ または - のいずれにもなければ、値は絶対として取られます。

16.2.6. スナップショット

既存のボリュームのスナップショットを作成するには、sssm snapshot コマンドを使用します。
注記
ボリュームが属するバックエンドがスナップショットをサポートしない場合、この操作に失敗します。
lvol001 のスナップショットを作成するには、以下のコマンドを使用します。
# ssm snapshot /dev/lvm_pool/lvol001
  Logical volume "snap20150519T130900" created
これを確認するには、ssm 一覧を使用し、追加のスナップショットセクションを書き留めます。
# ssm list
----------------------------------------------------------------
Device        Free        Used      Total  Pool      Mount point
----------------------------------------------------------------
/dev/vda                         15.00 GB            PARTITIONED
/dev/vda1                       500.00 MB            /boot
/dev/vda2  0.00 KB    14.51 GB   14.51 GB  rhel
/dev/vdb   0.00 KB  1020.00 MB    1.00 GB  lvm_pool
/dev/vdc                          1.00 GB
----------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------
Pool      Type  Devices     Free        Used       Total
--------------------------------------------------------
lvm_pool  lvm   1        0.00 KB  1020.00 MB  1020.00 MB
rhel      lvm   1        0.00 KB    14.51 GB    14.51 GB
--------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------------------
Volume                 Pool      Volume size  FS      FS size        Free  Type    Mount point
----------------------------------------------------------------------------------------------
/dev/rhel/root         rhel         13.53 GB  xfs    13.52 GB     9.64 GB  linear  /
/dev/rhel/swap         rhel       1000.00 MB                               linear
/dev/lvm_pool/lvol001  lvm_pool    900.00 MB  xfs   896.67 MB   896.54 MB  linear
/dev/vda1                          500.00 MB  xfs   496.67 MB   403.56 MB  part    /boot
----------------------------------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------------------
Snapshot                           Origin   Pool      Volume size     Size  Type
----------------------------------------------------------------------------------
/dev/lvm_pool/snap20150519T130900  lvol001  lvm_pool    120.00 MB  0.00 KB  linear
----------------------------------------------------------------------------------

16.2.7. アイテムの削除

Thessm remove は、アイテム(デバイス、プール、またはボリューム)を削除するために使用されます。
注記
デバイスが削除時にプールで使用されていると、失敗します。これは、-f 引数を使用して強制的に実行できます。
ボリュームが削除されると失敗します。デバイスとは異なり、-f 引数を使用すると強制できません。
lvm_pool とその中のすべてを削除するには、次のコマンドを実行します。
# ssm remove lvm_pool
Do you really want to remove volume group "lvm_pool" containing 2 logical volumes? [y/n]: y
Do you really want to remove active logical volume snap20150519T130900? [y/n]: y
  Logical volume "snap20150519T130900" successfully removed
Do you really want to remove active logical volume lvol001? [y/n]: y
  Logical volume "lvol001" successfully removed
  Volume group "lvm_pool" successfully removed

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。