Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

29.2. FC を使用した NVMe over fabrics

NVMe over Fibre Channel(FC-NVMe)は、特定の Broadcom Emulex アダプターおよび Marvell Qlogic Fibre Channel アダプターとともに使用すると、イニシエーターモードで完全にサポートされます。システム管理者は、FC-NVMe をデプロイするために、以下のセクションのタスクを完了します。

29.2.1. Broadcom アダプターの NVMe イニシエーターの設定

この手順を使用して、NVMe 管理コマンドラインインターフェース(nvme-cli)ツールを使用して、Broadcom アダプタークライアントの NVMe イニシエーターを設定します。
  1. nvme-cli ツールをインストールします。
    # yum install nvme-cli
    これにより、/etc/nvme/ ディレクトリーに hostnqn ファイルが作成されます。hostnqn ファイルは、NVMe ホストを識別します。新しい hostnqn を生成するには、次のコマンドを実行します。
    # nvme gen-hostqn
  2. 以下の内容で /etc/modprobe.d/lpfc.conf ファイルを作成します。
    options lpfc lpfc_enable_fc4_type=3
  3. initramfs イメージを再構築します。
    # dracut --force
  4. ホストシステムを再起動して、lpfc ドライバーを再設定します。
    # systemctl reboot
  5. ローカルポートおよびリモートポートの WWNN および WWPN を見つけ、出力を使用してサブシステムの NQN を見つけます。
    # cat /sys/class/scsi_host/host*/nvme_info
    
    NVME Initiator Enabled
    XRI Dist lpfc0 Total 6144 IO 5894 ELS 250
    NVME LPORT lpfc0 WWPN x10000090fae0b5f5 WWNN x20000090fae0b5f5 DID x010f00 ONLINE
    NVME RPORT       WWPN x204700a098cbcac6 WWNN x204600a098cbcac6 DID x01050e TARGET DISCSRVC ONLINE
    
    NVME Statistics
    LS: Xmt 000000000e Cmpl 000000000e Abort 00000000
    LS XMIT: Err 00000000  CMPL: xb 00000000 Err 00000000
    Total FCP Cmpl 00000000000008ea Issue 00000000000008ec OutIO 0000000000000002
        abort 00000000 noxri 00000000 nondlp 00000000 qdepth 00000000 wqerr 00000000 err 00000000
    FCP CMPL: xb 00000000 Err 00000000
    
    # nvme discover --transport fc \ --traddr nn-0x204600a098cbcac6:pn-0x204700a098cbcac6 \ --host-traddr nn-0x20000090fae0b5f5:pn-0x10000090fae0b5f5
    
    Discovery Log Number of Records 2, Generation counter 49530
    =====Discovery Log Entry 0======
    trtype:  fc
    adrfam:  fibre-channel
    subtype: nvme subsystem
    treq:    not specified
    portid:  0
    trsvcid: none
    subnqn: nqn.1992-08.com.netapp:sn.e18bfca87d5e11e98c0800a098cbcac6:subsystem.st14_nvme_ss_1_1
    traddr:  nn-0x204600a098cbcac6:pn-0x204700a098cbcac6
    
    Replace nn-0x204600a098cbcac6:pn-0x204700a098cbcac6 を、traddr に置き換えます
    Replace nn-0x20000090fae0b5f5:pn-0x10000090fae0b5f5 を、host_traddr に置き換えます
  6. nvme-cli を使用して NVMe ターゲットに接続します。
    # nvme connect --transport fc --traddr nn-0x204600a098cbcac6:pn-0x204700a098cbcac6 --host-traddr nn-0x20000090fae0b5f5:pn-0x10000090fae0b5f5 -n nqn.1992-08.com.netapp:sn.e18bfca87d5e11e98c0800a098cbcac6:subsystem.st14_nvme_ss_1_1 
    Replace nn-0x204600a098cbcac6:pn-0x204700a098cbcac6 を、traddr に置き換えます。
    Replace nn-0x20000090fae0b5f5:pn-0x10000090fae0b5f5 を、host_traddr に置き換えます。
    nqn.1992-08.com.netapp:sn.e18bfca87d5e11e98c0800a098cbcac6:subsystem.st14_nvme_ss_1_1 を、subnqn に置き換えます。
  7. NVMe デバイスが現在接続されていることを確認します。
    # nvme list
    Node             SN                   Model                                    Namespace Usage                      Format           FW Rev
    ---------------- -------------------- ---------------------------------------- --------- -------------------------- ---------------- --------
    /dev/nvme0n1     80BgLFM7xMJbAAAAAAAC NetApp ONTAP Controller                  1         107.37  GB / 107.37  GB      4 KiB +  0 B   FFFFFFFF
    # lsblk |grep nvme
      nvme0n1                     259:0    0   100G  0 disk
    

関連情報