Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.8. エラー動作の設定

I/O 操作中にエラーが発生すると、XFS ドライバーは、以下の 2 つの方法のいずれかで応答します。
  • 以下のいずれかになるまで再試行を続行します。
    • I/O 操作が成功するか、または
    • I/O 操作の再試行回数または時間制限を超えた場合
  • エラーが永続化し、システムが停止することを考慮してください。
XFS は、現在、必要な動作を特別に設定できる以下のエラー条件を認識しています。
  • EIO - デバイスへの書き込み中にエラーが発生しました。
  • ENOSPC - デバイスに空き領域が残っていません。
  • ENODEV - デバイスが見つかりません。
特定のハンドラーが定義されていない他のすべての考えられるエラー条件は、単一のグローバル設定を共有します。
XFS がエラーを永続的と見なす条件を、再試行の最大数と最大秒数の両方で設定できます。いずれかの条件が満たされると、XFS は再試行を停止します。
ファイルシステムのマウントを解除すると、その他の設定に関係なく、再試行をすぐにキャンセルするオプションもあります。これにより、永続的なエラーが発生した場合でも、マウント解除操作を成功できます。

3.8.1. 特定の条件および定義されていない条件の設定ファイル

エラー動作を制御する設定ファイルは、/sys/fs/xfs/device/error/ ディレクトリーにあります。
/sys/fs/xfs/device/error/metadata/ ディレクトリーには、エラー状態ごとにサブディレクトリーが含まれます。
  • EIO エラー条件の /sys/fs/xfs/device/error/metadata/EIO/
  • ENODEV エラー条件の /sys/fs/xfs/device/error/metadata/ENODEV/
  • ENOSPC エラー条件の /sys/fs/xfs/device/error/metadata/ENOSPC/
各設定ファイルには、以下の設定ファイルが含まれます。
  • /sys/fs/xfs/device/error/metadata/condition/max_retries: XFS が操作を再試行する最大回数を制御します。
  • /sys/fs/xfs/device/error/metadata/condition/retry_timeout_seconds: XFS が操作の再試行を停止するまでの秒単位の制限時間。
前のセクションで説明したものを除いて、他のすべての考えられるエラー状態は、これらのファイルで共通の設定を共有しています。
  • /sys/fs/xfs/device/error/metadata/default/max_retries: 再試行回数の上限を制御します。
  • /sys/fs/xfs/device/error/metadata/default/retry_timeout_seconds: 再試行の制限時間を制御します。