18.3. Linux RAID サブシステム

Linux の RAID は以下のサブシステムから構成されます。

Linux ハードウェア RAID のコントローラードライバー

Linux ではハードウェア RAID コントローラーに特定の RAID サブシステムはありません。 特殊な RAID チップセットを使用するため、ハードウェア RAID のコントローラーにはそれ自体のドライブが同梱されています。このドライバーによりシステムは RAID セットを通常のディスクとして検出することができるようになります。

mdraid

mdraid サブシステムは Linux 向けのソフトウェア RAID ソリューションとして設計され、また Linux 環境のソフトウェア RAID に適したソリューションとなります。このサブシステムでは独自のメタデータ形式を使用します。一般的にはネイティブの mdraid メタデータと呼ばれます。
mdraid では外部のメタデータとして知られる他のメタデータ形式にも対応しています。Red Hat Enterprise Linux 7 では外部のメタデータで mdraid を使用し ISW / IMSM (Intel のファームウェア RAID) セットにアクセスします。mdraid セットは mdadm ユーティリティーで設定および制御を行います。

dmraid

Device-mapper RAIDdmraid はディスクをひとつの RAID セットにまとめるメカニズムを提供するデバイスマッパーのカーネルコードを参照します。 同じこのカーネルでは RAID 設定のメカニズムは提供していません。
dmraid は完全にユーザー領域で設定され、各種のオンディスクメタデータ形式への対応を容易にしています。このため、dmraid は幅広いファームウェア RAID 実装で使用されています。また、dmraid は Intel のファームウェア RAID にも対応しますが、Red Hat Enterprise Linux 7 では mdraid を使って Intel ファームウェア RAID セットにアクセスします。

注記

dmraid は、Red Hat Enterprise Linux 7.5 リリース以降から推奨されなくなっています。詳細は、Red Hat Enterprise Linux 7.4 リリースノートの 「Deprecated Functionality」 を参照してください。