Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第19章 mount コマンドの使用

Linux、UNIX、および同様のオペレーティングシステムでは、さまざまなパーティションおよびリムーバブルデバイス(CD、DVD、または USB フラッシュドライブなど)にあるファイルシステムをディレクトリーツリーの特定のポイント( マウントポイント)に接続して、再度切り離すことができます。ファイルシステムをアタッチまたは切断するには、mount または umount コマンドをそれぞれ使用します。本章では、これらのコマンドの基本的な使用方法と、マウントポイントの移動、共有サブツリーの作成など、高度なトピックについて説明します。

19.1. 現在マウントされているファイルシステムの一覧表示

現在割り当てられているファイルシステムをすべて表示するには、引数なしで次のコマンドを使用します。
$ mount
このコマンドは、既知のマウントポイントの一覧を表示します。各行は、デバイス名、ファイルシステムタイプ、マウントされるディレクトリー、および以下のような形式の適切なマウントオプションに関する重要な情報を提供します。
ディレクトリー タイプ 上の デバイスオプション
マウントされたファイルシステムをツリーのような形式でリストできる findmnt ユーティリティーは、Red Hat Enterprise Linux 6.1 からも利用できます。現在割り当てられているファイルシステムをすべて表示するには、引数なしで findmnt コマンドを実行します。
$ findmnt

19.1.1. ファイルシステムタイプの指定

デフォルトでは、mount コマンドの出力には、sysfstmpfs などのさまざまな仮想ファイルシステムが含まれます。特定のファイルシステムタイプを持つデバイスのみを表示するには、- t オプションを指定します。
$ mount -t type
同様に、findmnt コマンドを使用して、特定のファイルシステムを持つデバイスのみを表示するには、次のコマンドを実行します。
$ findmnt -t type
一般的なファイルシステムのタイプの一覧は、表19.1「一般的なファイルシステムのタイプ」 を参照してください。使用方法例については、例19.1「現在マウントされている ext4 ファイルシステム の一覧表示」 を参照してください。

例19.1 現在マウントされている ext4 ファイルシステム の一覧表示

通常、/ パーティションと / boot の両方のパーティションが、ext4 を使用するようにフォーマットされています。このファイルシステムを使用するマウントポイントのみを表示するには、以下のコマンドを使用します。
$ mount -t ext4
/dev/sda2 on / type ext4 (rw)
/dev/sda1 on /boot type ext4 (rw)
findmnt コマンドを使用して、このようなマウントポイントを一覧表示するには、以下を入力します。
$ findmnt -t ext4
TARGET SOURCE    FSTYPE OPTIONS
/      /dev/sda2 ext4   rw,realtime,seclabel,barrier=1,data=ordered
/boot  /dev/sda1 ext4   rw,realtime,seclabel,barrier=1,data=ordered