25.2. iSCSI イニシエーターの作成

「ターゲットの設定」 に従って targetcli でターゲットを作成したら、iscsiadm ユーティリティーを使用してイニシエーターを設定します。
Red Hat Enterprise Linux 7 のデフォルトでは、iSCSI サービスの起動に時間がかかります。したがって、iscsiadm コマンドが実行してから、このサービスが起動します。

手順25.7 iSCSI イニシエーターの作成

  1. iscsi-initiator-utils をインストールします。
    # yum install iscsi-initiator-utils -y
  2. 「ACL の設定」 で ACL にカスタム名を付けた場合は、それに合わせて /etc/iscsi/initiatorname.iscsi ファイルを修正します。
    # cat /etc/iscsi/initiatorname.iscsi
    InitiatorName=iqn.2006-04.com.example.node1
    
    # vi /etc/iscsi/initiatorname.iscsi
  3. ターゲットを検出します。
    # iscsiadm -m discovery -t st -p target-ip-address 
    10.64.24.179:3260,1 iqn.2006-04.com.example:3260
  4. 手順 3 で検出したターゲット IQN で、ターゲットにログインします。
    # iscsiadm -m node -T iqn.2006-04.com.example:3260 -l 
    Logging in to [iface: default, target: iqn.2006-04.com.example:3260, portal: 10.64.24.179,3260] (multiple)
    Login to [iface: default, target: iqn.2006-04.com.example:3260, portal: 10.64.24.179,3260] successful.
    「ACL の設定」 の説明どおりにイニシエーター名を ACL に追加しさえすれば、この手順に従って、同じ LUN に接続されるイニシエーターをいくつでも作成できます。
  5. iSCSI ディスク名を見つけて、この iSCSI ディスク上にファイルシステムを作成します。
    # grep "Attached SCSI" /var/log/messages
    
    # mkfs.ext4 /dev/disk_name
    disk_name を、/var/log/messages で表示されている iSCSI ディスク名に置き換えます。
  6. ファイルシステムをマウントします。
    # mkdir /mount/point
    # mount /dev/disk_name /mount/point
    /mount/point を、実際に使用するパーティションのマウントポイントに置き換えます。
  7. システムのブート時にファイルシステムを自動的にマウントするように /etc/fstab を編集します。
    # vim /etc/fstab
    /dev/disk_name /mount/point ext4 _netdev 0 0
    disk_name を iSCSI ディスク名に置き換えます。
  8. ターゲットからログオフします。
    # iscsiadm -m node -T iqn.2006-04.com.example:3260 -u