Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

25.2. iSCSI イニシエーターの作成

「ターゲットの設定」 のように targetcli でターゲットを作成したら、iscsiadm ユーティリティを使用してイニシエーターを設定します。
Red Hat Enterprise Linux 7 では、iSCSI サービスはデフォルトで遅延して起動します。つまり、サービスは、iscsiadm コマンドの実行後に開始します。

手順25.7 iSCSI イニシエーターの作成

  1. iscsi-initiator-utils をインストールします。
    # yum install iscsi-initiator-utils -y
  2. 「ACL の設定」 で ACL にカスタム名が付けられた場合、それに応じて /etc/iscsi/initiatorname.iscsi ファイルを変更します。以下に例を示します。
    # cat /etc/iscsi/initiatorname.iscsi
    InitiatorName=iqn.2006-04.com.example.node1
    
    # vi /etc/iscsi/initiatorname.iscsi
  3. ターゲットを検出します。
    # iscsiadm -m discovery -t st -p target-ip-address 
    10.64.24.179:3260,1 iqn.2006-04.com.example:3260
    
  4. 手順 3 で検出したターゲット IQN でターゲットにログインします。
    # iscsiadm -m node -T iqn.2006-04.com.example:3260 -l 
    Logging in to [iface: default, target: iqn.2006-04.com.example:3260, portal: 10.64.24.179,3260] (multiple)
    Login to [iface: default, target: iqn.2006-04.com.example:3260, portal: 10.64.24.179,3260] successful.
    
    この手順は、「ACL の設定」 で説明するように。特定のイニシエーター名が ACL に追加されている限り、同じ LUN に接続されている任意の数のイニシエーターが使用することができます。
  5. iSCSI ディスク名を確認して、この iSCSI ディスクにファイルシステムを作成します。
    # grep "Attached SCSI" /var/log/messages
    
    # mkfs.ext4 /dev/disk_name
    disk_name/var/log/messages に表示される iSCSI ディスク名に置き換えます。
  6. ファイルシステムをマウントします。
    # mkdir /mount/point
    # mount /dev/disk_name /mount/point
    /mount/point をパーティションのマウントポイントに置き換えます。
  7. システムの起動時にファイルシステムを自動的にマウントするように、/etc/fstabを編集します。
    # vim /etc/fstab
    /dev/disk_name /mount/point ext4 _netdev 0 0
    
    disk_name を iSCSI ディスク名に置き換えます。
  8. ターゲットからログオフします。
    # iscsiadm -m node -T iqn.2006-04.com.example:3260 -u