Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

2.4. 未使用ブロックの破棄

バッチ破棄 および オンライン破棄 操作は、ファイルシステムによって使用されていないブロックを破棄するマウントされたファイルシステムの機能です。ソリッドステートドライブとシンプロビジョニングされたストレージの両方に役立ちます。
  • バッチ破棄操作は 、fstrim コマンドで明示的に実行します。このコマンドは、ユーザーの基準に一致するファイルシステムの未使用のブロックをすべて破棄します。
  • オンライン破棄操作は、mount コマンドの一部として -o discard オプションを指定して、または /etc/fstab ファイルの discard オプションを付けて、マウント時に指定されます。ユーザーによる介入なしでリアルタイムで実行されます。オンライン破棄操作は、使用中から空きに移行しているブロックのみを破棄します。
いずれの操作タイプも、Red Hat Enterprise Linux 6.2 以降および Red Hat Enterprise Linux 6.4 以降の XFS ファイルシステムとして、ext4 ファイルシステムでの使用がサポートされています。また、ファイルシステムの基礎となるブロックデバイスは、物理的な破棄操作に対応している必要があります。/sys/block/デバイス/queue/discard_max_bytes ファイルに保存されている値がゼロではない場合は、物理的な破棄操作に対応しています。
fstrim コマンドを以下のいずれかで実行している場合は、
  • 破棄操作に対応していないデバイス
  • デバイスの 1 つが破棄操作に対応していない、複数のデバイスから成る論理デバイス (LVM または MD)。
以下のメッセージが表示されます。
fstrim -v /mnt/non_discard
fstrim: /mnt/non_discard: the discard operation is not supported
注記
mount コマンドを使用すると、-o discard オプションを指定して破棄操作に対応していないデバイスをマウントできます。
Red Hat は、システムのワークロードでバッチ破棄が不可能な場合や、パフォーマンスを維持するためにオンライン破棄操作が必要になる場合を除き、バッチ破棄操作を推奨します。
詳細は fstrim(8) および mount(8) の man ページを参照してください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。