第27章 外部アレイ管理 (libStorageMgmt)

Red Hat Enterprise Linux 7 には、libStorageMgmt という新たな外部アレイ管理パッケージが標準装備されています。

27.1. libStorageMgmt 導入

libStorageMgmt ライブラリーは、独立したアプリケーションプログラミングインターフェイス (API) のストレージアレイです。開発者として、API を使うことで、さまざまなストレージ洗いを管理して、ハードウェアアクセラレーション機能を利用できます。
このライブラリーは、よりレベルが高い管理ツール向けビルディングブロックとして使用されます。さらに、エンドシステムの管理者は、ストレージを手動で管理し、ストレージ管理タスクをスクリプトで自動化するためのツールとして、このライブラリーを使用することもできます。
libStorageMgmt ライブラリーでは、以下の操作を実行できます。
  • ストレージプール、ボリューム、アクセスグループ、またはファイルシステムの一覧表示。
  • ボリューム、アクセスグループ、ファイルシステム、または NFS エクスポートの作成および削除。
  • ボリューム、アクセスグループ、またはイニシエーターへのアクセスの付与および削除。
  • スナップショット、クローン、およびコピーによるボリュームの複製。
  • アクセスグループの作成および削除、ならびにグループのメンバーの編集。
すべての操作がアレイ上で行なわれるため、CPU や相互接続帯域幅などのサーバーリソースは使用されません。
libstoragemgmt パッケージにより利用可能になる機能:
  • クライアントアプリケーションおよびプラグインの開発者向けの安定した C および Python API。
  • ライブラリーを使用するコマンドラインインターフェース (lsmcli)。
  • プラグインを実行するデーモン (lsmd)。
  • クライアントアプリケーションのテストを許可するシミュレーターのプラグイン (sim)。
  • アレイとのインターフェース用のプラグインのアーキテクチャー。

警告

このライブラリーとその関連ツールには、それが管理するアレイ上にあるすべてのデータを破棄する機能があります。論理エラーを削除するため、本番稼働システムを使用して作業する前に、ストレージシミュレーターのプラグインに対してアプリケーションとスクリプトの開発とテストを行うことが推奨されます。また、本番への導入前に、実際の非本番稼働ハードウェアでアプリケーションとスクリプトのテストを行うことも、可能な場合には強く推奨されます。
Red Hat Enterprise Linux 7 の libStorageMgmt ライブラリーは、REPORTED LUNS DATA HAS CHANGED という unit attention に対処する、デフォルトの udev ルールを追加します。
ストレージの設定が変更すると、Unit Attention ASC/ASCQ コードの 1 つが変更を報告します。その後 uevent が生成され、sysfs によって自動的に再スキャンされます。
/lib/udev/rules.d/90-scsi-ua.rules ファイルには、カーネルが生成できる他のイベントを列挙するサンプルルールが含まれます。
libStorageMgmt ライブラリーは、ストレージアレイの相違を調整するためにプラグインアーキテクチャーを使用します。libStorageMgmt プラグインや、これらの書き込み方法は、Red Hat の 「開発者ガイド」 を参照してください。