Menu Close

Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

付録A ストレージ管理に関連する Red Hat カスタマーポータルラボ

Red Hat Customer Portal Labs のツールは、パフォーマンスの向上、問題のトラブルシューティング、セキュリティー問題の特定、設定の最適化に役立てていただくために開発しました。この付録では、ストレージ管理に関連する Red Hat カスタマーポータルラボの概要を説明します。すべての Red Hat Customer Portal Labs は https://access.redhat.com/labs/ からご利用いただくことができます。

SCSI デコーダー

SCSI decoder は、/log/* ファイルまたはログファイルのスニペットに含まれる SCSI エラーメッセージをデコードするように設計されています。これらのエラーメッセージは、ユーザーにとって理解しにくい場合があるためです。
SCSI decoder を使用して、各 SCSI エラーメッセージを個別に診断し、問題を効率的に解決するための解決策を入手します。

File System Layout Calculator

File System Layout Calculator は、ユーザーが、現在のストレージまたは予定されるストレージを記述したストレージオプションを提供した後に、ext3、ext4、xfs のファイルシステムの作成に最適なパラメーターを決定します。カーソルを疑問符 ("?") に移動すると、特定のオプションの簡単な説明が表示されます。スクロールすると、すべてのオプションの概要が表示されます。
File System Layout Calculator を使用して、指定された RAID ストレージに所定のパラメータを持つファイルシステムを作成するコマンドを生成します。生成されたコマンドをコピーし、rootとして実行して、必要なファイルシステムを作成します。

LVM RAID Calculator

LVM RAID Calculator は、ストレージオプションを指定した後に、所定の RAID ストレージの論理ボリューム (LVM) を作成するために最適なパラメーターを決定します。カーソルを疑問符 ("?") に移動すると、特定のオプションの簡単な説明が表示されます。スクロールすると、すべてのオプションの概要が表示されます。
LVM RAID Calculator は、指定の RAID ストレージに LVM を作成する一連のコマンドを生成します。生成されたコマンドを root として 1 つずつコピーして実行し、必要な LVM を作成します。

iSCSI Helper

iSCSI Helper は、インターネットプロトコル (IP) ネットワーク越しにブロックレベルのストレージを提供し、サーバーの仮想環境でストレージプールを使用できるようにします。
iSCSI ヘルパー を使用して、指定した設定に従って構成された iSCSI ターゲット (サーバー) または iSCSI イニシエーター (クライアント) のロール用にシステムを準備するスクリプトを生成します。

Samba Configuration Helper

Samba 設定ヘルパー は、Samba 経由で基本的なファイルおよびプリンターの共有を提供する設定を作成します。
  • Server をクリックして、基本的なサーバー設定を指定します。
  • Shares をクリックして、共有するディレクトリーを追加します。
  • Server をクリックして、割り当てるプリンターを個別に追加します。

Multipath Helper

マルチパスヘルパー は、Red Hat Enterprise Linux 5、6、および 7 でマルチパスデバイスに最適な設定を作成します。以下の手順に従って、カスタムエイリアスやデバイスのブラックリストなど、高度なマルチパス設定を作成できます。
また、Multipath Helper は、確認用に multipath.conf ファイルも提供します。必要な設定が終了したら、サーバーにインストールスクリプトをダウンロードして実行します。

NFS Helper

NFS Helper を使用すれば、新しい NFS サーバーやクライアントの設定が簡単に行えます。手順に従って、エクスポートとマウントのオプションを指定します。次に、ダウンロード可能な NFS 構成スクリプトを生成します。

Multipath Configuration Visualizer

Multipath Configuration Visualizer は、sosreport 内のファイルを分析し、マルチパス設定を視覚化する図を提供します。Multipath Configuration Visualizer を使用して、以下を表示します。
  • サーバー側の Host Bus Adapter (HBA)、ローカルデバイス、および iSCSI デバイスを含むホストコンポーネント
  • ストレージのストレージコンポーネント
  • サーバーとストレージとの間のファブリック、またはイーサネットのコンポーネント
  • 上記の全コンポーネントのパス
.xz、.gz、または .bz2 のフォーマットに圧縮された sosreport をアップロードするか、またはクライアント側の分析のためにソースとして選択したディレクトリーに sosreport を抽出することができます。

RHEL Backup and Restore Assistant

RHEL Backup and Restore Assistant は、バックアップツールおよび復元ツールの情報と、Linux の使用に関する一般的なシナリオを提供します。
対象ツール:
  • dump and restore: ext2、ext3、および ext4 のファイルシステムのバックアップ用
  • tar and cpio: たとえばテープドライブをバックアップする際に使用される、ファイルおよびフォルダーのアーカイブまたは復元用
  • rsync: バックアップ操作の実行と、ロケーション間でファイルとディレクトリーの同期用
  • dd: 関連するファイルシステムやオペレーティングシステムとは関係なく、ブロックごとのソースから宛先へのファイルのコピー用
対象シナリオ:
  • 障害回復
  • ハードウェアの移行
  • パーティションテーブルのバックアップ
  • 重要なフォルダーのバックアップ
  • 増分バックアップ
  • 差分バックアップ