Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

22.3. Write Barrier Considerations

システム構成には、データを保護する書き込みバリアは必要ありません。ほとんどの場合、書き込みバリアを有効にするとパフォーマンスが大幅にペナーができるように、他の方法は書き込みを行うことが推奨されます。

書き込みキャッシュの無効化

もしくは、データの整合性の問題を回避する 1 つの方法として、書き込みキャッシュの電源障害時にデータが損失されないようにすることです。可能であれば、これを設定する最善の方法は、書き込みキャッシュを無効にすることです。1 つ以上の SATA ドライブを持つシンプルなサーバーまたはデスクトップ(ローカルの SATA コントローラー Intel AHCI の部分をオフに)では、次のコマンドを使用して、ターゲット SATA ドライブで書き込みキャッシュを無効にすることができます。
# hdparm -W0 /device/

バッテリーバックアップの書き込みキャッシュ

また、システムがバッテリーベースの書き込みキャッシュでハードウェア RAID コントローラーを使用する場合は、書き込みバリアは必要ありません。システムがこのようなコントローラーに切り込まれており、そのコンポーネントドライブで書き込みキャッシュが無効になっている場合は、コントローラーは write-through キャッシュとして機能します。これにより、書き込みキャッシュデータが電源損失後も存続するカーネルに通知されます。
ほとんどのコントローラーは、ベンダー固有のツールを使用して、ターゲットドライブをクエリーし、操作します。たとえば、LSI Megaraid SAS コントローラーはバッテリーベースの書き込みキャッシュを使用します。この種類のコントローラーでは、ターゲットドライブを管理するのに MegaCli64 ツールが必要です。LSI Megaraid SAS のすべてのバックエンドドライブの状態を表示するには、以下を使用します。
# MegaCli64 -LDGetProp -DskCache -LAll -aALL
LSI Megaraid SAS 用のすべてのバックエンドドライブの書き込みキャッシュを無効にするには、以下を使用します。
# MegaCli64 -LDSetProp -DisDskCache -Lall -aALL
注記
ハードウェア RAID カードは、システムが稼動している間はバッテリーを変更します。システムの長期間に電源がオフになっている場合、バッテリーはそれらの課金を失い、電源障害時に保存されたデータが脆弱になります。

高可用性アレイ

高エンドアレイには、電源異常が発生したときにデータを保護するためのさまざまな方法があります。そのため、外部 RAID ストレージの内部ドライブの状態を確認する必要はありません。

NFS

NFS クライアントは、データの整合性は NFS サーバー側によって処理されるため、書き込みバリアを有効にする必要はありません。したがって、電源損失全体でデータの永続性を確保するように NFS サーバーを設定する必要があります(書き込みバリアまたはその他の手段で)。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。