Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

第13章 Partitions

注記
ブロックデバイスでパーティションを使用するメリットとデメリットの概要は、ナレッジベースの記事 https://access.redhat.com/solutions/163853 を参照してください。
parted ユーティリティーを使用すると、以下のことができます。
  • 既存パーティションテーブルの表示
  • 既存パーティションのサイズ変更
  • 空き領域または他のハードドライブからのパーティションの追加
parted パッケージは、Red Hat Enterprise Linux 7 にデフォルトでインストールされます。parted を起動するには、root でログインし、以下のコマンドを実行します。
# parted /dev/sda
/dev/sda を、設定するドライブのデバイス名に置き換えます。

使用中のデバイスでのパーティションの操作

デバイスを使用しない場合は、そのデバイスのパーティションはどれもマウントできず、そのデバイスのスワップ領域も有効にできません。
パーティションの削除またはサイズ変更を行う場合は、パーティションが存在するデバイスが使用中でない必要があります。
使用中のデバイスに新しいパーティションを作成することもできますが、推奨されません。

パーティションテーブルの変更

同じディスク上の別のパーティションの使用中にパーティションテーブルを変更することは、カーネルがパーティションテーブルを再読み取りできないため、通常は推奨されません。このため、変更は実行中のシステムには適用されません。このような状況では、システムを再起動するか、次のコマンドを実行して、システムに新しいパーティションまたは変更したパーティションを登録します。
# partx --update --nr partition-number disk
現在使用しているディスクを修正する最も簡単な方法は、以下のとおりです。
  1. システムディスクの場合など、ディスクのパーティションのマウントを解除できない場合は、レスキューモードでシステムを起動します。
  2. ファイルシステムをマウントするように指示されたら、スキップ を選択します。
ドライブに使用中のパーティションがない場合、つまりファイルシステムがアンマウントされないように使用またはロックしているシステムプロセスがない場合は、umount コマンドでパーティションをアンマウントし、swapoff コマンドでハードドライブのすべてのスワップ領域を無効にできます。
一般的に使用されるparted コマンドを確認するには、表13.1「parted コマンド」 を参照してください。
重要
parted ユーティリティーを使用してファイルシステムを作成しないでください。代わりに、mkfs ツールを使用します。

表13.1 parted コマンド

コマンド 説明
help 利用可能なコマンドの一覧を表示します。
mklabel label パーティションテーブル用のディスクラベルを作成します。
mkpart part-type [fs-type] start-mb end-mb 新しいファイルシステムを作成せずに、パーティションを作成します。
name minor-num name Mac と PC98 のディスクラベル用のみのパーティションに名前を付けます。
print パーティションテーブルを表示します。
quit parted を終了します
rescue start-mb end-mb start-mb から end-mb へ、消失したパーティションを復旧します。
rm minor-num パーティションを削除します。
select device 設定する別のデバイスを選択します。
set minor-num flag state パーティションにフラグを設定します。state はオンまたはオフのいずれかになります。
toggle [NUMBER [FLAG] パーティション NUMBER 上の FLAG の状態を切り替えます。
unit UNIT デフォルトのユニットを UNIT に設定します。

13.1. パーティションテーブルの表示

パーティションテーブルを表示するには、以下を実行します。
  1. partedを起動します。
  2. パーティションテーブルを表示するには、次のコマンドを使用します。
    (parted) print
以下のような表が表示されます。

例13.1 パーティションテーブル

Model: ATA ST3160812AS (scsi)
Disk /dev/sda: 160GB
Sector size (logical/physical): 512B/512B
Partition Table: msdos

Number  Start   End    Size    Type      File system  Flags
 1      32.3kB  107MB  107MB   primary   ext3         boot
 2      107MB   105GB  105GB   primary   ext3
 3      105GB   107GB  2147MB  primary   linux-swap
 4      107GB   160GB  52.9GB  extended		      root
 5      107GB   133GB  26.2GB  logical   ext3
 6      133GB   133GB  107MB   logical   ext3
 7      133GB   160GB  26.6GB  logical                lvm
以下に、パーティションテーブルについて説明します。
  • Model: ATA ST3160812AS (scsi): ディスクの種類、製造元、モデル番号、およびインターフェイスについて説明しています。
  • Disk /dev/sda: 160GB: ブロックデバイスへのファイルパスと、ストレージキャパシティーを表示しています。
  • Partition Table: msdos: ディスクラベルのタイプを表示しています。
  • パーティションテーブルでは、Number はパーティション番号になります。たとえば、マイナー番号 1 のパーティションは、/dev/sda1 に対応します。Start および End の値はメガバイト単位です。有効な Types は、metadata、free、primary、extended、または logical になります。File system はファイルシステムのタイプになります。Flags は、パーティションに設定したフラグを一覧表示しています。利用可能なフラグは、boot、root、swap、hidden、raid、lvm、または lba です。
パーティションテーブルの File system は、以下のいずれかになります。
  • ext2
  • ext3
  • fat16
  • fat32
  • hfs
  • jfs
  • linux-swap
  • ntfs
  • reiserfs
  • hp-ufs
  • sun-ufs
  • xfs
デバイスのFile system に値が表示されない場合は、ファイルシステムのタイプが不明であることを意味します。
注記
parted を再起動せずに別のデバイスを選択する場合は、以下のコマンドを使用して、/dev/sda を選択するデバイスに置き換えます。
(parted) select /dev/sda
デバイスのパーティションテーブルを表示または設定できます。