Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

24.3. ディスクレスクライアントのエクスポートファイルシステムの設定

前提条件

手順

  1. エクスポートするファイルシステムのルートディレクトリー(ネットワーク内のディスクレスクライアントで使用される)は、NFS 経由で共有されます。/etc/exports にそれを追加して、root ディレクトリーをエクスポートするように NFS サービスを設定します。/etc/exports 設定ファイル」
  2. ディスクレスクライアントに完全に対応できるようにするには、root ディレクトリーには Red Hat Enterprise Linux の完全なインストールが含まれている必要があります。既存のインストールのクローンを作成するか、新しいベースシステムをインストールできます。
    • 実行中のシステムで同期するには、rsync ユーティリティーを使用します。
      # rsync -a -e ssh --exclude='/proc/*' --exclude='/sys/*' \
             hostname.com:/exported-root-directory
      • hostname.com を、rsync を介して同期する実行中のシステムのホスト名に置き換えます。
      • exported-root-directory を、エクスポートしたファイルシステムへのパスに置き換えます。
    • Red Hat Enterprise Linux をエクスポートした場所にインストールするには、--installroot オプション を指定して yum ユーティリティーを使用します。
      # yum install @Base kernel dracut-network nfs-utils \
            --installroot=exported-root-directory --releasever=/
      
エクスポートするファイルシステムは、ディスクレスクライアントが使用できるようにする前に追加で設定する必要があります。空き領域が足りない場合は、次の手順を実行します。

手順24.2 ファイルシステムの設定

  1. ディスクレスクライアントが使用するカーネル(vmlinuz-kernel-version)を選択し、tftp の boot ディレクトリーにコピーします。
    # cp /boot/vmlinuz-kernel-version /var/lib/tftpboot/
  2. NFS サポートで initrd (つまり initramfs-kernel-version.img)を作成します。
    # dracut --add nfs initramfs-kernel-version.img kernel-version
  3. 次のコマンドで initrd のファイル権限を 644 に変更します。
    # chmod 644 initramfs-kernel-version.img
    警告
    initrd のファイルパーミッションが変更されていない場合は、pxelinux.0 ブートローダーが「file not found」エラーで失敗します。
  4. 作成された initramfs-kernel-version.imgtftp の boot ディレクトリーにコピーします。
  5. /var/lib/tftpboot/ ディレクトリーで initrd とカーネルを使用するように、デフォルトのブート設定を編集します。この設定は、エクスポートしたファイルシステム(/exported/root/directory)を読み書きとしてマウントするように、ディスクレスクライアントの root に指示する必要があります。/var/lib/tftpboot/pxelinux.cfg/default ファイルに以下の設定を追加します。
    default rhel7
    
    label rhel7
      kernel vmlinuz-kernel-version
      append initrd=initramfs-kernel-version.img root=nfs:server-ip:/exported/root/directory rw
    server-ip を、tftp および DHCP サービスが置かれているホストマシンの IP アドレスに置き換えます。
これで、NFS 共有がディスクレスクライアントにエクスポートできるようになりました。これらのクライアントは、PXE 経由でネットワーク経由で起動できます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。