Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

23.3. ディスクレスクライアントのエクスポートしたファイルシステムの設定

エクスポートしたファイルシステム (ネットワーク内でディスクレスのクライアントが使用) の root ディレクトリーを NFS 経由で共有します。/etc/exports に root ディレクトリーを追加してディレクトリーをエクスポートするように NFS サービスを設定します。実行方法の詳細については、/etc/exports 設定ファイル」 を参照してください。
ディスクレスのクライアントに完全に対応できるようにするため、root ディレクトリーには Red Hat Enterprise Linux の完全なインストールを組み込む必要があります。以下のように、rsync で実行中のシステムと同期することができます。
# rsync -a -e ssh --exclude='/proc/*' --exclude='/sys/*' hostname.com:/ /exported/root/directory
hostname.com には rsync で同期する実行中のシステムのホスト名を入れます。/exported/root/directory はエクスポートしたファイルシステムへのパスになります。
または、yum--installroot オプションを指定し、Red Hat Enterprise Linux を特定の場所にインストールすることもできます。たとえば、以下のようになります。
yum groupinstall Base --installroot=/exported/root/directory --releasever=/
エクスポートしたファイルシステムをディスクレスクライアントが使用できるようにする前に行っておかなければならない設定があります。次の手順に従ってください。

手順23.2 ファイルシステムの設定

  1. エクスポートしたファイルシステムの /etc/fstab を編集して (少なくとも) 次の設定を組み込みます。
    none		/tmp		tmpfs	defaults	0 0
    tmpfs		/dev/shm	tmpfs	defaults	0 0
    sysfs		/sys		sysfs	defaults	0 0
    proc		/proc		proc 	defaults	0 0
  2. ディスクレスのクライアントが使用するカーネルを選択し (vmlinuz-kernel-version)、 tftp の boot ディレクトリーにコピーします。
    # cp /boot/vmlinuz-kernel-version /var/lib/tftpboot/
  3. ネットワークサポートで initrd (initramfs-kernel-version.img) を作成します。
    # dracut initramfs-kernel-version.img kernel-version
  4. initrd のファイルパーミッションを 600 に変更する必要があります。変更しないと「file not found 」(ファイルが見つかりません) というエラーが発生し、 pxelinux.0 ブートローダーが動作しません。以下のコマンドを実行してファイルパーミッションを変更します。
    # chmod go-r initramfs-kernel-version.img
  5. 作成した initramfs-kernel-version.imgtftp boot ディレクトリーにもコピーします。
  6. initrd/var/lib/tftpboot 内のカーネルを使用するようにデフォルトの起動設定を編集します。この設定によりディスクレスクライアントの root には、エクスポートしたファイルシステム (/exported/root/directory) を読み込みと書き込みの両方の権限でマウントするよう指示されます。次のように /var/lib/tftpboot/pxelinux.cfg/default を設定します。
    default rhel7
    
    label rhel7
      kernel vmlinuz-kernel-version
      append initrd=initramfs-kernel-version.img root=nfs:server-ip:/exported/root/directory rw
    server-ip には tftp サービスと DHCP サービスがあるホストマシンの IP アドレスを入力します。
これで NFS 共有をディスクレスのクライアントにエクスポートする準備が整いました。これらのディスクレスのクライアントは PXE のネットワーク経由で起動できるようになります。