Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Enterprise Linux

3.9. その他の XFS ファイルシステムユーティリティー

Red Hat Enterprise Linux 7 は、XFS ファイルシステムを管理するためのその他のユーティリティーも提供します。
xfs_fsr
マウントされた XFS ファイルシステムのデフラグに使用します。引数なしで呼び出すと、xfs_fsr は、マウントされているすべての XFS ファイルシステム内のすべての通常のファイルをデフラグします。このユーティリティーを使用すると、ユーザーは指定の時間にデフラグを一時停止し、後で停止した位置から再開することもできます。
さらに、xfs_fsr で xfs_fsr /path/to/file のように、1 つのファイルのみをデフラグすることもできます。XFS はデフォルトで断片化を回避するため、Red Hat はファイルシステム全体を定期的にデフラグしないことが推奨されます。システム全体でのデフラグにより、空き領域で断片化が低下する可能性があります。
xfs_bmap
XFS ファイルシステムのファイルが使用しているディスクブロックのマップを出力します。このマップでは、指定したファイルで使用される各エクステントと、対応するブロックのないリージョン(holes)が一覧表示されます。
xfs_info
XFS ファイルシステムの情報を表示します。
xfs_admin
XFS ファイルシステムのパラメーターを変更します。xfs_admin ユーティリティーは、マウント解除されたデバイスまたはファイルシステムのパラメーターのみを変更できます。
xfs_copy
XFS ファイルシステム全体のコンテンツを 1 つまたは複数のターゲットに同時にコピーします。
また、XFS ファイルシステムのデバッグや分析を行う際に以下のユーティリティーが役に立ちます。
xfs_metadump
XFS ファイルシステムのメタデータをファイルにコピーします。Red Hat は、アンマウントされたファイルシステムまたは読み取り専用にマウントされたファイルシステムをコピーする xfs_metadump ユーティリティーの使用のみをサポートします。そうでないと、生成されたダンプが破損したり、一貫性がありません。
xfs_mdrestore
XFS メタダンプイメージ (xfs_metadumpを使用して生成された)をファイルシステムイメージに戻します。
xfs_db
XFS ファイルシステムをデバッグします。
これらのユーティリティーの詳細は、各 man ページを参照してください

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。