7.5. セッション Bean の呼び出し

7.5.1. JNDI を使用したリモートでのセッション Bean の呼び出し

このタスクは、JNDI を使用してセッション Bean の呼び出すリモートクライアントへサポートを追加する方法を説明します。Maven を使用してプロジェクトがビルドされていることが前提となります。
ejb-remote クイックスタートには、この機能のデモを行う Maven プロジェクトが含まれています。このクイックスタートには、デプロイするセッション Bean のプロジェクトとリモートクライアントのプロジェクトの両方が含まれています。下記のコード例はリモートクライアントのプロジェクトから引用されています。
このタスクでは、セッション Bean に認証の必要がないことが前提となっています。

要件

始める前に、次の前提条件を満たしている必要があります。
  • Maven プロジェクトが作成され、使用できる状態です。
  • JBoss Enterprise Application Platform 6 の Maven リポジトリが既に追加されています。
  • 呼び出しするセッション Bean が既にデプロイされています。
  • デプロイされたセッション Bean がリモートビジネスインターフェースを実装します。
  • セッション Bean のリモートビジネスインターフェースは Maven 依存関係として使用できます。リモートビジネスインターフェースが JAR ファイルとしてのみ使用できる場合は、JAR をアーティファクトとして Maven リポジトリに追加することが推奨されます。手順については、http://maven.apache.org/plugins/maven-install-plugin/usage.html にある Maven ドキュメントの install:install-file ゴールを参照してください。
  • セッション Bean をホストするサーバーのホスト名と JNDI ポートを覚えておく必要があります。
リモートクライアントよりセッション Bean を呼び出すには、最初にプロジェクトを適切に設定する必要があります。

手順7.7 セッション Bean のリモート呼び出しに対する Maven プロジェクト設定を追加する

  1. 必要なプロジェクト依存関係の追加

    必要な依存関係が含まれるようにするため、プロジェクトの pom.xml を更新する必要があります。
  2. jboss-ejb-client.properties ファイルの追加

    JBoss EJB クライアント API は、JNDI サービスの接続情報が含まれる jboss-ejb-client.properties という名前のプロジェクトのルートにファイルがあることを想定します。このファイルを以下の内容と共にプロジェクトの src/main/resources/ ディレクトリーに追加します。
    remote.connectionprovider.create.options.org.xnio.Options.SSL_ENABLED=false
    
    remote.connections=default
    
    remote.connection.default.host=localhost
    remote.connection.default.port = 4447
    remote.connection.default.connect.options.org.xnio.Options.SASL_POLICY_NOANONYMOUS=false
    
    
    ホスト名とポートを変更してサーバーと一致するようにします。4447 がデフォルトのポート番号です。 安全な接続の場合、SSL_ENABLED 行を true に設定し、 SSL_STARTTLS 行をアンコメントします。コンテナ内のリモーティングインターフェースは同じポートを使用して安全な接続と安全でない接続をサポートします。
  3. リモートビジネスインターフェースの依存関係の追加

    セッション Bean のリモートビジネスインターフェースに対する pom.xml に Maven の依存関係を追加します。
    <dependency>
       <groupId>org.jboss.as.quickstarts</groupId>
       <artifactId>jboss-as-ejb-remote-server-side</artifactId>
       <type>ejb-client</type>
       <version>${project.version}</version>
    </dependency>
    
これでプロジェクトが適切に設定されたため、コードを追加してセッション Bean へアクセスしたり呼び出しすることができるようになりました。

手順7.8 JNDI を使用して Bean プロキシを取得し、Bean のメソッドを呼び出す

  1. チェック例外の処理

    次のコードに使用されるメソッドの 2 つ (InitialContext() および lookup()) は、タイプ javax.naming.NamingException のチェック済み例外を持っています。これらのメソッド呼び出しは NamingException をキャッチする try/catch ブロックか、NamingException のスローが宣言されたメソッドに存在する必要があります。ejb-remote クイックスタートでは、2 番目の方法を使用します。
  2. JNDI コンテキストの作成

    JNDI コンテキストオブジェクトはサーバーよりリソースを要求するメカニズムを提供します。次のコードを使用して JNDI コンテキストを作成します。
    final Hashtable jndiProperties = new Hashtable();
    jndiProperties.put(Context.URL_PKG_PREFIXES, "org.jboss.ejb.client.naming");
    final Context context = new InitialContext(jndiProperties);
    
    JNDI サービスの接続プロパティーは jboss-ejb-client.properties ファイルより読み取られます。
  3. JNDI コンテキストの lookup() メソッドを使用した Bean プロキシの取得

    Bean プロキシの lookup() メソッドを呼び出し、必要なセッション Bean の JNDI 名 へ渡します。これにより、呼び出したいメソッドが含まれるリモートビジネスインターフェースのタイプへキャストされなければならないオブジェクトが返されます。
    
    final RemoteCalculator statelessRemoteCalculator = (RemoteCalculator) context.lookup(
        "ejb:/jboss-as-ejb-remote-server-side/CalculatorBean!" + 
        RemoteCalculator.class.getName());
    
    
    セッション Bean の JNDI 名は特別な構文によって定義されます。
  4. 呼び出しメソッド

    プロキシ Bean オブジェクトを取得したため、リモートビジネスインターフェースに含まれるすべてのメソッドを呼び出しすることができます。
    int a = 204;
    int b = 340;
    System.out.println("Adding " + a + " and " + b + " via the remote stateless calculator deployed on the server");
    int sum = statelessRemoteCalculator.add(a, b);
    System.out.println("Remote calculator returned sum = " + sum);
    
    メソッド呼び出し要求が実行されるサーバー上で、プロキシ Bean がメソッド呼び出し要求をセッション Bean へ渡します。結果はプロキシ Bean へ返され、プロキシ Bean によって結果が呼び出し側へ返されます。プロキシ Bean とリモートセッション Bean 間の通信は呼び出し側に透過的です。
これで、Maven プロジェクトを設定してリモートサーバー上で呼び出しを行うセッション Bean をサポートし、JNDI を使用してサーバーより読み出したプロキシ Bean を使用してセッション Bean メソッドを呼び出すコードを作成できるようになりました。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。