11.4.10. HQL の標準化された関数

使用される基盤のデータベースに関係なく HQL で使用できる関数は次の通りです。

表11.10 HQL の標準化された関数

関数 説明
BIT_LENGTH
バイナリデータの長さを返します。
CAST
SQL キャストを実行します。キャストターゲットが使用する Hibernate マッピングタイプの名前を付けるはずです。詳細はデータタイプに関する章を参照してください。
EXTRACT
datetime 値で SQL の抽出を実行します。抽出により、datetime 値の一部が抽出されます (年など)。以下の省略形を参照してください。
SECOND
秒を抽出する抽出の省略形。
MINUTE
分を抽出する抽出の省略形。
HOUR
時間を抽出する抽出の省略形。
DAY
日を抽出する抽出の省略形。
MONTH
月を抽出する抽出の省略形。
YEAR
年を抽出する抽出の省略形。
STR
値を文字データとしてキャストする省略形。
アプリケーション開発者は独自の関数セットを提供することもできます。通常、カスタム SQL 関数か SQL スニペットのエイリアスで表します。このような関数は、org.hibernate.cfg.ConfigurationaddSqlFunction メソッドを使用して宣言します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。