7.2. エンタープライズ Bean プロジェクトの作成

7.2.1. JBoss Developer Studio を使用した EJB アーカイブプロジェクトの作成

このタスクでは、JBoss Developer Studio に Enterprise JavaBeans (EJB) プロジェクトを作成する方法を説明します。

要件

  • JBoss Enterprise Application Platform 6 のサーバーとサーバーランタイムが設定されている必要があります。

手順7.1 JBoss Developer Studio での EJB プロジェクトの作成

  1. 新規プロジェクトの作成

    新規 EJB プロジェクト ウィザードを開くために、ファイル (File) メニューで 新規 (New) を選択し、次に EJB プロジェクト (EJB Project) を選択します。
    New EJB Project ウィザード

    図7.1 New EJB Project ウィザード

  2. 詳細の指定

    次の詳細を入力します。
    • プロジェクト名
      JBoss Developer Studio で表示されるプロジェクト名ですが、デプロイされた JAR ファイルのデフォルトのファイル名にもなります。
    • プロジェクトの場所
      プロジェクトのファイルが保存されるディレクトリです。現在のワークスペースのディレクトリがデフォルトになります。
    • ターゲットランタイム
      プロジェクトに使用されるサーバーランタイムです。デプロイするサーバーによって使用される JBoss Enterprise Application Platform 6 のランタイムと同様に設定される必要があります。
    • EJB モジュールバージョン。エンタープライズ Bean が準拠する EJB 仕様のバージョンになります。Red Hat は 3.1 の使用を推奨します。
    • これでプロジェクトのサポート対象機能を調整できるようになります。選択したランタイムにデフォルト設定を使用します。
    [Next] をクリックして作業を継続します。
  3. Java 構築設定

    この画面では、Java ソースファイルが格納されるディレクトリや構築された出力が置かれるディレクトリをカスタマイズすることが可能です。
    この設定は変更せずに [Next] をクリックします。
  4. EJB モジュール設定

    デプロイメント記述子が必要な場合は [Generate ejb-jar.xml deployment descriptor] チェックボックスにチェックマークを付けます。EJB 3.1 ではデプロイメント記述子は任意で、必要な場合は後で追加することが可能です。
    [Finish] をクリックするとプロジェクトが作成され、Project Explorer に表示されます。
    Project Explorer の新規作成された EJB プロジェクト

    図7.2 Project Explorer の新規作成された EJB プロジェクト

  5. デプロイメントに対して構築アーティファクトをサーバーに追加する

    サーバータブにて、構築アーティファクトをデプロイしたいサーバーを右クリックし、 [Add and Remove] ダイアログを開きます。[Add and Remove] を選択します。
    [Available] カラムよりデプロイするリソースを選択し、 [Add] ボタンをクリックします。リソースが [Configured] カラムに移動します。[Finish] をクリックしてダイアログを閉じます。
    ダイアログの追加と削除

    図7.3 ダイアログの追加と削除

結果

ビルドし、指定のサーバーにデプロイできる EJB プロジェクトが JBoss Developer Studio で作成されます。

プロジェクトにエンタープライズ Bean が追加されないと、JBoss Developer Studio は「An EJB module must contain one or more enterprise beans」という警告を表示します。プロジェクトにエンタープライズ Bean が 1 つ以上追加されるとこの警告は表示されないようになります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。