10.2.3. トラザクションコーディネーターあるいはトランザクションマネージャーについて

JBoss Enterprise Application Platform のトランザクションでは、トランザクションコーディネータートランザクションマネージャーの用語はほとんど同じことを意味します。トランザクションコーディネーターという用語は通常、分散トランザクションで利用されます。
JTA トランザクションでは、トランザクションマネージャーは JBoss Enterprise Application Platform 内で実行され、2相コミットのプロトコルでトランザクションの参加者と通信します。
トランザクションマネージャーはトランザクションの参加者に対して、別のトランザクションの参加者の結果に従い、データをコミットするか、ロールバックするか指示を出します。こうすることで、確実にトランザクションが ACID 基準に準拠するようにします。
JTS トランザクションでは、トランザクションコーディネーターは別サーバーにある各種トランザクションマネージャー同士のやり取りを管理します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。