10.3.3. 推定中止 (presumed-abort) 最適化について

トランザクションをロールバックする場合、この情報をローカルで記録し、参加している参加者すべてに通知します。この通知は形式的なもので、トランザクションの結果には何ら影響を与えません。全参加者に通知がいくと、このトランザクションに関する情報を削除することができます。
トランザクションのステートに対する後続の要求が発生すると、利用可能な情報がなくなります。このような場合、要求側はトランザクションが中断され、ロールバックされたと推測します。推定中止 (presumed-abort) の最適化とは、トランザクションがコミットの実行を決定するまでは参加者に関する情報を永続化する必要がないことを意味します。これは、トランザクションがコミットの実行を決定する時点以前に発生した障害はトランザクションの中止であると推定されるためです。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。