第1章 アプリケーションの開発

1.1. はじめに

1.1.1. JBoss Enterprise Application Platform 6 について

JBoss Enterprise Application Platform 6 は高速でセキュアな高性能ミドルウェアプラットフォームで、オープンな標準に基づいて構築され、Java Enterprise Edition 6 の仕様に準拠しています。高可用性クラスタリング、強力なメッセージング、分散キャッシングなどの技術を JBoss Application Server 7 と統合し、安定したスケーラブルな高速プラットフォームを作り上げます。
新しいモジュラー構造により、必要な時だけサービスを有効にできるため、起動速度が大幅に向上します。管理コンソールと管理コマンドラインインターフェースを使用すると、XML 設定ファイルを手作業で編集する必要がなくなるため、スクリプトを作成して作業を自動化することが可能です。さらに、API と開発フレームワークも含まれており、これらを使用して堅牢で拡張性のある、セキュアな Java EE アプリケーションを迅速に開発することができます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。