14.2.5. セキュリティーマッピングについて

セキュリティーマッピングを使用すると、認証または承認が実行された後、情報がアプリケーションに渡される前に認証情報と承認情報を組み合わせることができます。この例の 1 つが、X509 証明書を認証に使用した後、プリンシパルを証明書からアプリケーションが表示できる論理名へ変換することです。
プリンシパル (認証) やロール (承認)、証明情報 (プリンシパルやロールでない属性) をマッピングすることが可能です。
ロールマッピングは、認証後にサブジェクトへロールを追加、置換、または削除するために使用されます。
プリンシパルマッピングは、認証後にプリンシパルを変更するために使用されます。
属性マッピングは、外部システムからの属性値をアプリケーションで使用するために変換したり、逆にそのような外部システムへ属性を変換したりするために使用されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。