11.4.7. コレクションメンバーの参照について

コレクション値 (collection-valued) アソシエーションへの参照は、実際はコレクションのを参照します。

例11.8 コレクション参照の例

select c
from Customer c
    join c.orders o
    join o.lineItems l
    join l.product p
where o.status = 'pending'
  and p.status = 'backorder'

// alternate syntax
select c
from Customer c,
    in(c.orders) o,
    in(o.lineItems) l
    join l.product p
where o.status = 'pending'
  and p.status = 'backorder'
この例では、Customer#orders アソシエーションの要素タイプであるオブジェクトモデルタイプ Order を ID 変数 o が実際に参照します。
更にこの例には、IN 構文を使用してコレクションアソシエーション結合を指定する代替の構文があります。構文は両方同等です。アプリケーションが使用する構文は任意に選択できます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。