10.7.9. JTA トランザクションのエラー処理

10.7.9.1. トランザクションエラーの処理

トランザクションエラーは、多くの場合、タイミングに依存するため、解決するのが困難です。以下に、一部の一般的なエラーと、これらのエラーのトラブルシューティングに関するヒントを示します。

注記

これらのガイドラインはヒューリスティックエラーに適用されません。ヒューリスティックエラーが発生した場合は、「トランザクションにおけるヒューリスティックな結果の処理方法」 を参照し、Red Hat グローバルサポートサービスにお問い合わせください。
トランザクションがタイムアウトになったが、ビジネスロジックスレッドが認識しませんでした。

多くの場合、このようなエラーは、Hibernate がレイジーロードのためにデータベース接続を取得できない場合に発生します。頻繁に発生する場合は、タイムアウト値を大きくできます。「トランザクションマネージャーの設定」 を参照してください。

引き続き問題が解決されない場合は、パフォーマンスを向上させるために外部環境を調整するか、さらに効率的になるようコードを再構築できます。タイムアウトの問題が解消されない場合は、Red Hat グローバルサポートサービスにお問い合わせください。
トランザクションがすでにスレッドで実行されているか、NotSupportedException 例外が発生します。

NotSupportedException 例外は、通常、JTA トランザクションをネストしようとし、ネストがサポートされていないことを示します。トランザクションをネストしようとしないときは、多くの場合、スレッドプールタスクで別のトランザクションが開始されますが、トランザクションを中断または終了せずにタスクが終了します。

通常、アプリケーションは、これを自動的に処理する UserTransaction を使用します。その場合は、フレームワークに問題があることがあります。
コードで TransactionManager メソッドまたは Transaction メソッドを直接使用する場合は、トランザクションをコミットまたはロールバックするときに次の動作に注意してください。コードで TransactionManager メソッドを使用してトランザクションを制御する場合は、トランザクションをコミットまたはロールバックすると、現在のスレッドからトランザクションの関連付けが解除されます。ただし、コードで Transaction メソッドを使用する場合は、トランザクションを、実行中のスレッドに関連付けることができず、スレッドプールにスレッドを返す前にスレッドからトランザクションの関連付けを手動で解除する必要があります。
2 番目のローカルリソースを登録することはできません。

このエラーは、2 番目の非 XA リソースをトランザクションに登録しようとした場合に、発生します。1 つのトランザクションで複数のリソースが必要な場合、それらは XA である必要があります。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。