10.7.8. トランザクションのタイムアウト

10.7.8.1. トランザクションタイムアウトについて

原子性を確保し、トランザクションを ACID 標準に準拠させるため、トランザクションの一部が長期間実行される場合があります。トランザクションの参加者は、コミット時にデータソースの一部をロックする必要があります。また、トランザクションマネージャーは各トランザクション参加者からの応答を待ってからすべての参加者にコミットあるいはロールバックの指示を出す必要があります。ハードウェアあるいはネットワークの障害のため、リソースが永久にロックされることがあります。
トランザクションのタイムアウトをトランザクションと関連付け、ライフサイクルを制御することができます。タイムアウトのしきい値がトランザクションのコミットあるいはロールバック前に渡された場合、タイムアウトにより、自動的にトランザクションがロールバックされます。
トランザクションサブシステム全体に対しデフォルトのタイムアウト値を設定できます。または、デフォルトのタイムアウト値を無効にし、トランザクションごとにタイムアウトを指定できます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。