6.2.6. 参考資料

6.2.6.1. JBoss ロギングツールの Maven 設定

国際化に JBoss ロギングツールを使用する Maven プロジェクトを構築するには、pom.xml ファイルのプロジェクトの設定を次のように変更する必要があります。
完全な pom.xml ファイルの例については、logging-tools クイックスタートを参照してください。
  1. プロジェクトに対して JBoss Maven リポジトリが有効になっている必要があります。「Maven 設定を使用した JBoss Enterprise Application Platform の Maven リポジトリーの設定」 を参照してください。
  2. jboss-loggingjboss-logging-processor の Maven 依存関係を追加する必要があります。これらの依存関係は両方 JBoss Enterprise Application Platform 6 で使用可能であるため、各依存関係の scope 要素を次のように provided に設定できます。
    <dependency>
       <groupId>org.jboss.logging</groupId>
       <artifactId>jboss-logging-processor</artifactId>
       <version>1.0.0.Final</version>
       <scope>provided</scope>
    </dependency>
    
    <dependency>
       <groupId>org.jboss.logging</groupId>
       <artifactId>jboss-logging</artifactId>
       <version>3.1.0.GA</version>
       <scope>provided</scope>
    </dependency>
    
  3. maven-compiler-plugin のバージョンは 2.2 以上である必要があり、1.6 のターゲットソースおよび生成されたソースに対して設定する必要があります。
    <plugin>
       <groupId>org.apache.maven.plugins</groupId>
       <artifactId>maven-compiler-plugin</artifactId>
       <version>2.3.2</version>
       <configuration>
          <source>1.6</source>
          <target>1.6</target>
       </configuration>
    </plugin>