13.3.2. JAX-WS Web サービスエンドポイントの書き込みとデプロイ

はじめに

本トピックでは、シンプルな JAX-WS サービスエンドポイントの開発について説明します。JAX-WS サービスエンドポイントは、JAX-WS クライアントからの要求に応答し、WSDL 定義を自らに大して公開するサーバー側のコンポーネントです。JAX-WS サービスエンドポイントに関する詳細については、「JAX-WS の共通 API リファレンス」および JBoss Enterprise Application Platform 6 に同梱されている Javadoc 形式の API ドキュメントバンドルを参照してください。

開発要件

Web サービスは、http://www.jcp.org/en/jsr/summary?id=181 に記載の JAX-WS API および Web サービスメタデータの仕様要件を満たしている必要があります。有効な実装は以下の要件を満たします:

  • javax.jws.WebService アノテーションが含まれます。
  • メソッドのパラメーターおよび戻り値の型はすべて JAXB 2.0 の仕様 JSR-222 との互換性があります。詳しくは http://www.jcp.org/en/jsr/summary?id=222 を参照してください。

例13.13 サービス実装の例


package org.jboss.test.ws.jaxws.samples.retail.profile;
 
import javax.ejb.Stateless;
import javax.jws.WebService;
import javax.jws.WebMethod;
import javax.jws.soap.SOAPBinding;
 
@Stateless                                                             
@WebService(                                                           
   name="ProfileMgmt",
   targetNamespace = "http://org.jboss.ws/samples/retail/profile",
   serviceName = "ProfileMgmtService")
@SOAPBinding(parameterStyle = SOAPBinding.ParameterStyle.BARE)         
public class ProfileMgmtBean {
 
   @WebMethod                                                          
   public DiscountResponse getCustomerDiscount(DiscountRequest request) {
      return new DiscountResponse(request.getCustomer(), 10.00);
   }
}

例13.14 XML ペイロードの例

上記の例に記載の ProfileMgmtBean Bean によって使用される DiscountRequest クラスの例は以下のとおりです。アノテーションは詳細のために含まれています。通常、JAXB のデフォルト設定は妥当なので指定する必要はありません。

package org.jboss.test.ws.jaxws.samples.retail.profile;
 
import javax.xml.bind.annotation.XmlAccessType;
import javax.xml.bind.annotation.XmlAccessorType;
import javax.xml.bind.annotation.XmlType;
 
import org.jboss.test.ws.jaxws.samples.retail.Customer;
 
@XmlAccessorType(XmlAccessType.FIELD)
@XmlType(                                                  (1)
  name = "discountRequest",
  namespace="http://org.jboss.ws/samples/retail/profile",
  propOrder = { "customer" }
)
public class DiscountRequest {
 
   protected Customer customer;
 
   public DiscountRequest() {
   }
 
   public DiscountRequest(Customer customer) {
      this.customer = customer;
   }
 
   public Customer getCustomer() {
      return customer;
   }
 
   public void setCustomer(Customer value) {
      this.customer = value;
   }
 
}
より複雑なマッピングが可能です。詳しい情報は http://java.sun.com/webservices/jaxb/ に記載の JAXB API 仕様を参照してください。
デプロイメントのパッケージ

実装クラスは JAR デプロイメントにラッピングされます。実装クラスおよびサービスエンドポイントインターフェースに対するアノテーションからデプロイメントに必要な任意のメタデータが取得されます。管理 CLI または管理インターフェースを使用して JAR をデプロイすると、HTTP エンドポイントが自動的に作成されます。

以下の一覧は、EJB Web サービスの JAR デプロイメントの適正な構造の例を示しています。

例13.15 Web サービスデプロイメントの JAR 構造の例

[user@host ~]$ jar -tf jaxws-samples-retail.jar
org/jboss/test/ws/jaxws/samples/retail/profile/DiscountRequest.class
org/jboss/test/ws/jaxws/samples/retail/profile/DiscountResponse.class
org/jboss/test/ws/jaxws/samples/retail/profile/ObjectFactory.class
org/jboss/test/ws/jaxws/samples/retail/profile/ProfileMgmt.class
org/jboss/test/ws/jaxws/samples/retail/profile/ProfileMgmtBean.class
org/jboss/test/ws/jaxws/samples/retail/profile/ProfileMgmtService.class
org/jboss/test/ws/jaxws/samples/retail/profile/package-info.class

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。