11.7.2. 永続クラスの監査について

JBoss Enterprise Application Platform では Hibernate Envers と @Audited アノテーションを使用して永続クラスの監査を行います。アノテーションがクラスに適用されると、エンティティーのリビジョン履歴が保存されるテーブルが作成されます。
クラスに変更が加えられるたびに監査テーブルにエントリが追加されます。エントリーにはクラスへの変更が含まれ、リビジョン番号が付けられます。そのため、変更をロールバックしたり、以前のリビジョンを表示したりすることが可能です。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。