12.7.2. 管理コンソールのログカテゴリーの設定

ログカテゴリーは、どのログメッセージをキャプチャーし、どのログハンドラーに送信するかを定義します。

重要

現在、ログカテゴリーはサーバー設定ファイルのみに完全設定することができます。最終リリースでは、管理コンソールやコマンドライン管理ツールを使用した完全設定がサポートされる予定です。
サーバー設定ファイルに新しいログハンドラーを追加するには、次の手順を実行します。
  1. サーバーの停止

    JBoss Enterprise Application Platform 6 のサーバーが稼動している場合は停止します。
  2. テキストエディターで設定ファイルを開く

    Enterprise Application Platform を管理ドメインまたはスタンドアローンサーバーで稼動しているかどうかによって、デフォルトの設定ファイルの場所が異なります。管理ドメインの場合は EAP_HOME/domain/configuration/domain.xml、スタンドアローンサーバーの場合は EAP_HOME/standalone/configuration/standalone.xml になります。
  3. ロギングサブシステムノードの検索

    ロギングサブシステム設定ノードを見つけます。ロギングサブシステム設定ノードは次のようになります。
    <subsystem xmlns="urn:jboss:domain:logging:1.1">
    
    </subsystem>
    
    ロギングサブシステム設定には、すでにログハンドラーやカテゴリーなどの多くの項目が含まれています。
  4. 新規ロガーノードの追加

    新しい <logger> ノードをロギングシステムノードの子として追加します。このロガーがメッセージを受信するクラス名またはパッケージ名である category という属性を持たなければなりません。
    <logger category="com.acme.accounts.receivables">
    
    </logger>
    
    任意で use-parent-handlers 属性を追加することもできます。この属性は truefalse に設定できます。true に設定すると、このログカテゴリーによって受信されたすべてのメッセージもルートロガーのハンドラーによって処理されます。指定がない場合、true がデフォルトとして適用されます。
  5. ログレベルの指定

    name という名前の属性を持つ <level> 要素を追加します。name の値は、このカテゴリーが適用するログレベルである必要ががあります。
    <logger category="com.acme.accounts.receivables">
       <level name="DEBUG"/>
    </logger>
    
  6. 任意の設定: ログハンドラーの指定

    このカテゴリーからのログメッセージを処理するため使用したい各ログハンドラーに対して、<handler> 要素が含まれる <handlers> 要素を追加します。
    指定されているハンドラーがなく、use-parent-handler が true に設定されていない場合、これ以上ログメッセージは処理されません。指定されているハンドラーがなくても use-parent-handler が true に設定されている場合は root-logger のハンドラーが使用されます。
    <logger category="com.acme.accounts.receivables">
       <level name="DEBUG"/>
       <handlers>
          <handler name="ACCOUNTS-DEBUG-FILE"/>
       </handlers>
    </logger>
    
  7. JBoss Enterprise Application Platform 6 サーバーを再起動します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。