3.5. サブシステムをデプロイメントから除外する

概要

ここではサブシステムをデプロイメントより除外するために必要な手順について説明します。jboss-deployment-structure.xml 設定ファイルを編集します。サブシステムの除外はサブシステムの削除と同じ影響がありますが、1 つのデプロイメントのみに適用されます。

手順3.5 サブシステムの除外

  1. テキストエディターで jboss-deployment-structure.xml ファイルを開きます。
  2. 次の XML を <deployment> タグの中に追加します。
    <exclude-subsystems>
      <subsystem name="SUBSYSTEM_NAME" />
    </exclude-subsystems>
    
  3. jboss-deployment-structure.xml ファイルを保存します。
結果

サブシステムが除外されます。サブシステムのデプロイメントユニットプロセッサがデプロイメント上で実行されないようになります。

例3.5 jboss-deployment-structure.xml ファイルの例

<jboss-deployment-structure xmlns="urn:jboss:deployment-structure:1.2">
  <ear-subdeployments-isolated>true</ear-subdeployments-isolated>
  <deployment>
    <exclude-subsystems>
      <subsystem name="resteasy" />
    </exclude-subsystems>
    <exclusions>
      <module name="org.javassist" />
    </exclusions>
    <dependencies>
      <module name="deployment.javassist.proxy" />
      <module name="deployment.myjavassist" />
      <module name="myservicemodule" services="import"/>
    </dependencies>
    <resources>
      <resource-root path="my-library.jar" />
    </resources>
  </deployment>
  <sub-deployment name="myapp.war">
    <dependencies>
      <module name="deployment.myear.ear.myejbjar.jar" />
    </dependencies>
    <local-last value="true" />
  </sub-deployment>
  <module name="deployment.myjavassist" >
    <resources>
     <resource-root path="javassist.jar" >
       <filter>
         <exclude path="javassist/util/proxy" />
       </filter>
     </resource-root>
    </resources>
  </module>
  <module name="deployment.javassist.proxy" >
    <dependencies>
      <module name="org.javassist" >
        <imports>
          <include path="javassist/util/proxy" />
          <exclude path="/**" />
        </imports>
      </module>
    </dependencies>
  </module>
</jboss-deployment-structure>

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。