7.3.5. JBoss Developer Studio のプロジェクトにセッション Bean を追加する

JBoss Developer Studio にはエンタープライズ Bean クラスを即座に作成できる複数のウィザードがあります。以下は、JBoss Developer Studio のウィザードを使用してプロジェクトにセッション Bean を追加する手順になります。

前提条件

  • 1 つ以上のセッション Bean を追加したい EJB または動的 Web プロジェクトが JBoss Developer Studio に存在する必要があります。

手順7.5 JBoss Developer Studio のプロジェクトにセッション Bean を追加する

  1. プロジェクトを開く

    JBoss Developer Studio でプロジェクトを開きます。
  2. [Create EJB 3.x Session Bean] ウィザードを開く

    [Create EJB 3.x Session Bean] ウィザードを開くために、[File] メニューへ移動し、[New] を選択してから [Session Bean (EJB 3.x)] を選択します。
    [Create EJB 3.x Session Bean] ウィザード

    図7.7 [Create EJB 3.x Session Bean] ウィザード

  3. クラス情報の指定

    次の詳細を入力します。
    • プロジェクト
      正しいプロジェクトが選択されているか検証します。
    • ソースホルダー
      Java ソースファイルが作成されるフォルダーになります。通常、変更する必要はありません。
    • パッケージ
      クラスが属するパッケージを指定します。
    • クラス名
      セッション Bean になるクラスの名前を指定します。
    • スーパークラス
      セッション Bean クラスはスーパークラスより継承することができます。セッションにスーパークラスがあるかどうかをここに指定します。
    • ステートタイプ
      セッション Bean のステートタイプ (ステートレス、ステートフル、シングルトン) を指定します。
    • ビジネスインターフェース
      デフォルトでは No-interface ボックスにチェックマークが付けられているため、インターフェースは作成されません。定義したいインターフェースのボックスにチェックマークを付け、必要な場合は名前を調整します。
      Web アーカイブ (WAR) のエンタープライズ Bean は EJB 3.1 Lite のみをサポートするため、リモートビジネスインターフェースは含まれません。
    [Next] をクリックします。
  4. セッション Bean の特定情報

    ここに追加情報を入力してセッション Bean を更にカスタマイズすることが可能です。ここで情報を変更する必要はありません。
    変更できる項目は次の通りです。
    • Bean 名。
    • マッピングされた名前。
    • トランザクションタイプ (コンテナ管理または Bean 管理)。
    • Bean が実装しなければならない追加のインターフェースを入力できます。
    • 必要な場合は、EJB 2.x のホームインターフェースやコンポーネントインターフェースを指定することもできます。
  5. 完了

    [Finish] をクリックすると、新しいセッション Bean が作成され、プロジェクトに追加されます。指定された場合、新しいビジネスインターフェースのファイルも作成されます。
結果: 新しいセッション Bean がプロジェクトに追加されます。
JBoss Developer Studio の新しいセッション Bean

図7.8 JBoss Developer Studio の新しいセッション Bean