10.2.2. トランザクションの ACID プロパティーについて

ACID は 原子性 (Atomicity)、一貫性 (Consistency)、独立性 (Isolation)、永続性 (Durability) の略語です。この単語は通常データベースやトランザクション操作において使用されます。

ACID の定義

原子性 (Atomicity)
トランザクションの原子性を保つには、トランザクション内の全メンバーが同じ決定をする必要があります。つまり、全メンバーがコミットまたはロールバックを行う必要があります。原子性が保たれない場合の結果をヒューリスティックな結果と言います。
一貫性 (Consistency)
一貫性とは、データベーススキーマの観点から、データベースに書き込まれたデータが有効なデータであることを保証するという意味です。データベースあるいは他のデータソースは常に一貫した状態でなければなりません。一貫性のない状態の例には、操作が中断される前にデータの半分が書き込みされてしまったフィールドなどがあります。すべてのデータが書き込まれた場合や、書き込みが完了しなかった時に書き込みがロールバックされた場合に、一貫した状態となります。
独立性 (Isolation)
独立性とは、トランザクションのスコープ外のプロセスがデータを変更できないように、トランザクションで操作されたデータが変更前にロックされる必要があることを意味します。
永続性 (Durability)
永続性とは、トランザクションのメンバーにコミットの指示を出してから外部で問題が発生した場合、問題が解決されると全メンバーがトランザクションのコミットを継続できるという意味です。ここで言う問題とは、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなどのシステムが関係する問題のことです。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。