3.7.3. JBoss デプロイメント構造のデプロイメント記述子のリファレンス

このデプロイメント記述子を使用して実行できる主なタスクは次の通りです。
  • 明示的なモジュール依存関係を定義する。
  • 特定の暗黙的な依存関係がローディングされないようにする。
  • デプロイメントのリソースより追加モジュールを定義する。
  • EAR デプロイメントのサブデプロイメント分離の挙動を変更する。
  • EAR のモジュールに追加のリソースルートを追加する。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。