10.6.2. トランザクションデータソースの設定

10.6.2.1. JTA トランザクションを使用するようにデータソースを設定

概要

ここでは、データソースで Java Transactions API (JTA) を有効にする方法を説明します。

要件

このタスクを行う前に、 次の条件を満たす必要があります。

  • お使いのデータベースまたはその他のリソースが JTA をサポートしている必要があります。不明な場合は、データソースまたはリソースの文書を参照してください。
  • データベースを作成する必要があります。「管理インターフェースによる非 XA データソースの作成」 を参照してください。
  • JBoss Enterprise Application Platform を停止します。
  • テキストエディターで設定ファイルを直接編集できる権限を持たなければなりません。

手順10.1 JTA トランザクションを使用するようデータソースを設定する

  1. テキストエディターで設定ファイルを開きます。

    JBoss Enterprise Application Platform を管理対象ドメインまたはスタンドアロンサーバーで実行するかによって、設定ファイルの場所は異なります。
    • 管理対象ドメイン

      管理対象ドメインのデフォルトの設定ファイルは、Red Hat Enterprise Linux の場合は EAP_HOME/domain/configuration/domain.xml にあります。Microsoft Windows サーバーの場合は EAP_HOME\domain\configuration\domain.xml にあります。
    • スタンドアロンサーバー

      スタンドアロンサーバーのデフォルトの設定ファイルは、Red Hat Enterprise Linux の場合は EAP_HOME/standalone/configuration/standalone.xml にあります。Microsoft Windows サーバーの場合は EAP_HOME\standalone\configuration\standalone.xml にあります。
  2. お使いのデータソースに対応する <datasource> タグを探します。

    データソースの jndi-name 属性には作成時に指定した属性が設定されます。例えば、 ExampleDS データソースは次のようになります。
    <datasource jndi-name="java:jboss/datasources/ExampleDS" pool-name="H2DS" enabled="true" jta="true" use-java-context="true" use-ccm="true">
  3. jta 属性を true に設定します。

    上記のように、jta="true"<datasource> タグの内容に追加します。
  4. 設定ファイルを保存します。

    設定ファイルを保存しテキストエディターを終了します。
  5. JBoss Enterprise Application Platform を起動します。

    JBoss Enterprise Application Platform 6 サーバーを再起動します。
結果

JBoss Enterprise Application Platform が起動し、データソースが JTA トランザクションを使用するように設定されます。


このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。