7.5.3. 単一 EJB コンテキストを使用する場合の留意事項

概要

スタンドアロンリモートクライアントで単一 EJB クライアントコンテキストを使用する場合は、アプリケーション要件を考慮する必要があります。異なるタイプのリモートクライアントの詳細については、「EJB クライアントコンテキストについて」 を参照してください。

単一 EJB クライアントコンテキストを持つリモートスタンドアロンの一般的なプロセス

一般的に、リモートスタンドアロンクライアントは任意の数の EJB レシーバーにより支援された唯一の EJB クライアントコンテキストを持っています。以下に、スタンドアロンリモートクライアントアプリケーションの例を示します。

public class MyApplication {
    public static void main(String args[]) {
        final javax.naming.Context ctxOne = new javax.naming.InitialContext();
        final MyBeanInterface beanOne = ctxOne.lookup("ejb:app/module/distinct/bean!interface");
        beanOne.doSomething();
        ...
    }
}

リモートクライアント JNDI ルックアップは、通常 jboss-ejb-client.properties ファイルにより支援され、このファイルは EJB クライアントコンテキストと EJB レシーバーをセットアップするために使用されます。また、この設定には、セキュリティークレデンシャルが含まれ、このセキュリティークレデンシャルは JBoss Enterprise Application Platform サーバーに接続する EJB レシーバーを作成するために使用されます。上記のコードが呼び出された場合、EJB クライアント API は EJB クライアントコンテキストを探します。この EJB クライアントコンテキストは EJB 呼び出し要求を受け取り処理する EJB レシーバーを選択するために使用されます。この場合は、EJB クライアントコンテキストが 1 つしかないため、Bean を呼び出すためにそのコンテキストが上記のコードにより使用されます。JNDI をリモートで使用してセッション Bean を呼び出す手順の詳細については、「JNDI を使用したリモートでのセッション Bean の呼び出し」 を参照してください。
リモートスタンドアロンクライアントは異なるクレデンシャルを必要とする

ユーザーアプリケーションが Bean を複数回呼び出す場合に、異なるセキュリティークレデンシャルを使用して JBoss Enterprise Application Platform サーバーに接続したいことがあります。以下に、同じ Bean を 2 回呼び出すスタンドアロンリモートクライアントアプリケーションの例を示します。

public class MyApplication {
    public static void main(String args[]) {
        // Use the "foo" security credential connect to the server and invoke this bean instance
        final javax.naming.Context ctxOne = new javax.naming.InitialContext();
        final MyBeanInterface beanOne = ctxOne.lookup("ejb:app/module/distinct/bean!interface");
        beanOne.doSomething();
        ...
 
        // Use the "bar" security credential to connect to the server and invoke this bean instance
        final javax.naming.Context ctxTwo = new javax.naming.InitialContext();
        final MyBeanInterface beanTwo = ctxTwo.lookup("ejb:app/module/distinct/bean!interface");
        beanTwo.doSomething();
        ...
    }
}

この場合、アプリケーションは同じサーバーインスタンスに接続してそのサーバーにホストされた EJB を呼び出し、サーバーに接続する際に 2 つの異なるクレデンシャルを使用します。クライアントアプリケーションは単一の EJB クライアントコンテキストを持ち、各サーバーインスタンスに対して EJB レシーバーを 1 つしか持つことができないため、上記のコードはクレデンシャルを 1 つだけ使用してサーバーに接続し、コードはアプリケーションの期待どおりに実行されません。
解決法

スコープ EJB クライアントコンテキストを使用するとこの問題を解決できます。スコープ EJB クライアントコンテキストにより、EJB クライアントコンテキストと、関連する JNDI コンテキスト (一般的に EJB 呼び出しに使用されます) を細かく制御できるようになります。スコープ EJB クライアントコンテキストの詳細については、「スコープ EJB クライアントコンテキストの使用」「スコープ EJB クライアントコンテキストを使用した EJB の設定」 を参照してください。