12.12. RESTEasy JavaScript API

12.12.1. RESTEasy JavaScript API について

RESTEasy は AJAX 呼び出しを使用する JavaScript を生成して JAX-RS 操作を呼び出します。各 JAX-RS リソースクラスは、宣言するクラスまたはインターフェースを同じ名前の JavaScript オブジェクトを生成します。JavaScript オブジェクトには各 JAX-RS メソッドがプロパティーとして含まれます。

例12.15 単純な JAX-RS JavaScript API の例

@Path("/")
public interface X{
 @GET
 public String Y();
 @PUT
 public void Z(String entity);
}

上記のインターフェースは JavaScript API のプロパティーになる メソッド Y と Z を下記のように定義します。
var X = {
 Y : function(params){…},
 Z : function(params){…}
};

各 JavaScript API メソッドは、任意のオブジェクトを単一のパラメーターとして取ります。このパラメーターでは、各プロパティーは名前または API パラメータープロパティーによって識別される通りクッキー、ヘッダー、パス、クエリ、形式パラメーターのいずれかになります。プロパティーは 「RESTEasy Javascript API パラメーター」 にあります。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。