1.4.3. クイックスタートの実行

1.4.3.1. JBoss Developer Studio でのクイックスタートの実行

手順1.6 JBoss Developer Studio にクイックスタートをインポートする

各クイックスタートには、クイックスタートのプロジェクトおよび設定情報が含まれる POM (プロジェクトオブジェクトモデル) ファイルが同梱されています。この POM ファイルを使用すると、簡単にクイックスタートを JBoss Developer Studio へインポートすることができます。
  1. この作業を行っていない場合は、 「Maven 設定を使用した JBoss Enterprise Application Platform の Maven リポジトリーの設定」に記載された手順に従ってください。
  2. JBoss Developer Studio を起動します。
  3. メニューより [File][Import] と選択します。
  4. 選択リストより [Maven][Maven Projects] と選択し、[Next] を選択します。
    既存の Maven プロジェクトのインポート

    図1.7 既存の Maven プロジェクトのインポート

  5. インポートするクイックスタートのディレクトリーを参照し、OK をクリックします。[Projects] リストボックスに、選択したクイックスタートプロジェクトの pom.xml ファイルが示されます。
    Maven プロジェクトの選択

    図1.8 Maven プロジェクトの選択

  6. [Next] をクリックした後、 [Finish] をクリックします。

手順1.7 helloworld クイックスタートのビルドとデプロイ

helloworld クイックスタートは最も単純なクイックスタートの 1 つで、JBoss サーバーが適切に設定され実行されているか検証することができます。
  1. [Servers] タブを開き、パネルにアプリケーションを追加します。
    1. [Window][Show View][Other...] をクリックします。
    2. [Servers] フォルダーから [Server] を選択し[Ok] をクリックします。
  2. [Project Explorer] タブで [helloworld] を右クリックし、[Run As][Run on Server] を選択します。
  3. [JBoss EAP 6.0 Runtime Server] サーバーを選択し、[Next] をクリックします。これにより helloworld クイックスタートが JBoss サーバーにデプロイされます。
  4. helloworld が JBoss サーバーに正しくデプロイされたことを確認するには、Web ブラウザーを開いて、URL http://localhost:8080/jboss-as-helloworld でアプリケーションに接続します。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。