10.2.8. XA リカバリーについて

Java トランザクション API (JTA) は複数の X/Open XA リソース にまたがる分散トランザクションを許可します。XA は Extended Architecture (拡張アーキテクチャー) の略で、複数のバックエンドデータストアを使用するトランザクションを定義するため X/Open Group によって開発されました。XA 標準には、グローバル トランザクションマネージャー (TM) とローカルリソースマネージャーとの間のインターフェースに関する説明があります。XA は、トランザクションの原子性を保持しながらアプリケーションサーバー、データベース、キャッシュ、メッセージキューなどの複数のリソースが同じトランザクションに参加できるようにします。原子性とは、参加者の 1 つが変更のコミットに失敗した場合に他の参加者がトランザクションをアボートし、トランザクションが発生する前の状態に戻すことを言います。
XA リカバリーは、トランザクションの参加者がクラッシュしたり使用できなくなったりしても、トランザクションの影響を受けたすべてのリソースが確実に更新またはロールバックされるようにするプロセスのことです。JBoss Enterprise Application Platform 6 の範囲内では、XA データソースや JMS メッセージキュー、JCA リソースアダプターなどの XA リソースやサブシステムに対して、トランザクションサブシステムが XA リカバリーのメカニズムを提供します。
XA リカバリーはユーザーの介入がなくても発生します。XA リカバリーに失敗すると、エラーがログ出力に記録されます。サポートが必要な場合は Red Hat グローバルサポートサービスまでご連絡ください。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。