16.6. アプリケーションでのクライアントサイドインターセプターの使用

概要

プログラミングまたは ServiceLoader メカニズムを使用して、クライアントサイドインターセプターをアプリケーションに接続できます。この 2 つの方法の詳細は以下のとおりです。

手順16.4 インターセプターを接続する

    • プログラミング

      この方法では、org.jboss.ejb.client.EJBClientContext.registerInterceptor(int order, EJBClientInterceptor interceptor) API を呼び出し、order および interceptor インスタンスを渡します。order は、この interceptor が置かれるクライアントインターセプターチェーンの位置を決定するために使用されます。
    • ServiceLoader メカニズム

      この方法では、META-INF/services/org.jboss.ejb.client.EJBClientInterceptor ファイルを作成し、クライアントアプリケーションのクラスパスに配置またはパッケージ化する必要があります。ファイルのルールは、Java ServiceLoader メカニズムにより決まります。このファイルでは、EJB クライアントインターセプター実装の完全修飾名が各行に含まれることが期待されます。EJB クライアントインターセプタークラスがクラスパスで利用可能である必要があります。ServiceLoader メカニズムを使用して追加された EJB クライアントインターセプターは、クライアントインターセプターチェーンの最後に、クラスパスに指定された順序で追加されます。

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。