7.3.4. シングルトンセッション Bean

シングルトンセッション Bean はアプリケーションごとに 1 回インスタンス化されるセッション Bean で、1 つのシングルトン Bean に対するクライアント要求はすべて同じインスタンスへ送信されます。シングルトン Bean はシングルトンデザインパターンの実装であり、Erich Gamma、Richard Helm、Ralph Johnson、John Vlissides によって執筆され、1994 年に Addison-Wesley より出版された 『 Design Patterns: Elements of Reusable Object-Oriented Software』 で説明されています。
シングルトン Bean はセッション Bean の型で最も小さいメモリーフットプリントを提供しますが、スレッドセーフである必要があります。EJB 3.1 はコンテナ管理の並行性 (Container-Managed Concurrency、CMC) を提供し、開発者がスレッドセーフのシングルトン Bean を簡単に実装できるようにします。CMC の柔軟性が足りない場合は、従来のマルチスレッドコード (Bean 管理の並行性、BMC)を使用してシングルトン Bean を書くことも可能です。